2021/03/10

米、州知事が同性パートナーと婚約へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

米コロラド州のジャレッド・ポリス知事が、同性パートナーのマーロン・レイス氏と婚約を発表した。

 

 

ジャレッド・ポリス氏(写真右)、マーロン・レイス氏(写真左)

 

ジャレッド・ポリス氏は、米国初のオープンリーゲイの知事。

ゲイをオープンにして選挙戦を戦い、2018年に知事に当選している。

 

そんなポリス知事は、交際17年のパートナーであるマーロン・レイス氏と婚約を発表。2人には、9歳の息子と6歳の娘がいる。

 

プロポーズは「完璧なタイミングだった」と語る

 

 

 

地元メディアによれば、ポリス氏がプロポーズしたのは2020年12月初め、新型コロナウイルスに感染したレイス氏が入院のために家を出る直前だった。

 

ポリス氏は、家を出る直前になって突然、片膝をついて指輪を差し出したという。

入院直前という必ずしもロマンチックとは言えないシチュエーションではあるが、レイス氏は「完璧なタイミングだった」と振り返る。

 

ポリス氏はメディアに対して、「完璧なタイミングでした。私は彼に『さっきからうまく息ができなかったけれど、本当にもう息ができなくなったよ』と伝えました」と語った。

 

コロナの不安の中、プロポーズを受けたレイス氏は、「病院についた時には、恐怖感がなくなっていました。『私には素晴らしいパートナーがいる。素晴らしい家族がいる。だから私は家に帰るんだ』と自分に言い聞かせました」と語っている。

 

その後、無事にレイス氏は退院。症状も回復したそうだ。

 

 

 

 

ルイス氏は、「先延ばしにするのではなく、生きている今この時に大切なことをやりましょう」「お互いを祝福し、大切にしましょう。そして自分たちが大事だと思うことをやりましょう」と取材の最後に語った。

 

2人の結婚式は今秋を予定しているそうだ。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

BEAUTY

心がザワついた時に…「マインドフルネス」を実践しよう!

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

CULTURE

「SATC」続編にビッグ、エイダン、スティーブ 3人の出演が決定!

FASHION

「ティファニー」から初の男性用エンゲージメントリングが登場

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline