2019/03/09

世界で二人目のHIV完治か?ロンドンの男性が話題

ロンドン在住のHIV陽性者の男性が、HIVが完治した可能性があるとの症例が発表された。HIV完治のニュースは世界2例名。

 

 

 

 

英科学誌ネイチャーにて、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のラビンドラ・グプタ教授らが報告している。

 

グプタ教授の患者は、ロンドンに住む匿名の男性で、2003年にHIV感染が判明。

12年以降、HIVを制御する抗レトロウイルス薬で治療を受けていたが、その後、悪性リンパ腫が見つかったため16年に幹細胞移植を受けた。

 

患者は移植後も14カ月の間、抗レトロウイルス薬による治療を続けたが、1年半前に投与を中止した後もHIVは検出されていない。

 

ちなみに、移植したドナーはHIVに耐性をもつ変異遺伝子を持っていたという。

 

この状態はほぼ完治といえるが、研究チームは完治したと判断するにはまだ早すぎるとして、今後も引き続き患者の状態を観察する構えだ。

 

グプタ教授は、この治療が全ての患者に適用できるわけではないとしたうえで、新たな治療法への希望が示されたと主張している。

 

ちなみに、最初の完治の例は2008年のベルリン男性。

この男性も同様に癌治療のための骨髄移植を受けたのち、HIVウイルスが検出されないとして多くのメディアは「HIV初の完治例」として紹介した。

 

現実的な治療法ではない。活動家は懸念

不治の病とされたHIVの完治ニュースは大いに希望に満ちているが、HIVの活動団体ACT UPのブランドン・クイッチ氏は「HIV治療の人たちへの具体的な方法ではない。HIV完治のためにリスクの高い骨髄移植を受けるのは非現実だ」とゲイメディアOutに話す。

 

これまで完治した2件ともリスクの高い移植手術の副産物ともいえる。

 

クイッチ氏によれば、HIV陽性であってもHIV治療薬(抗レトロウイルス薬)を続けていればエイズ発症する危険な病気ではないとし、それよりもHIVに対する無知からくる偏見、スティグマの方が大きな障壁だと話している。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline