2019/03/09

世界で二人目のHIV完治か?ロンドンの男性が話題

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ロンドン在住のHIV陽性者の男性が、HIVが完治した可能性があるとの症例が発表された。HIV完治のニュースは世界2例名。

 

 

 

 

英科学誌ネイチャーにて、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のラビンドラ・グプタ教授らが報告している。

 

グプタ教授の患者は、ロンドンに住む匿名の男性で、2003年にHIV感染が判明。

12年以降、HIVを制御する抗レトロウイルス薬で治療を受けていたが、その後、悪性リンパ腫が見つかったため16年に幹細胞移植を受けた。

 

患者は移植後も14カ月の間、抗レトロウイルス薬による治療を続けたが、1年半前に投与を中止した後もHIVは検出されていない。

 

ちなみに、移植したドナーはHIVに耐性をもつ変異遺伝子を持っていたという。

 

この状態はほぼ完治といえるが、研究チームは完治したと判断するにはまだ早すぎるとして、今後も引き続き患者の状態を観察する構えだ。

 

グプタ教授は、この治療が全ての患者に適用できるわけではないとしたうえで、新たな治療法への希望が示されたと主張している。

 

ちなみに、最初の完治の例は2008年のベルリン男性。

この男性も同様に癌治療のための骨髄移植を受けたのち、HIVウイルスが検出されないとして多くのメディアは「HIV初の完治例」として紹介した。

 

現実的な治療法ではない。活動家は懸念

不治の病とされたHIVの完治ニュースは大いに希望に満ちているが、HIVの活動団体ACT UPのブランドン・クイッチ氏は「HIV治療の人たちへの具体的な方法ではない。HIV完治のためにリスクの高い骨髄移植を受けるのは非現実だ」とゲイメディアOutに話す。

 

これまで完治した2件ともリスクの高い移植手術の副産物ともいえる。

 

クイッチ氏によれば、HIV陽性であってもHIV治療薬(抗レトロウイルス薬)を続けていればエイズ発症する危険な病気ではないとし、それよりもHIVに対する無知からくる偏見、スティグマの方が大きな障壁だと話している。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline