2017/04/21

ル・ポール、『世界で最も影響力のある100人』に選出

タイム誌の『2017年版:世界で最も影響力のある人物100』にて、米ドラァグクイーンのル・ポールが選出。ドラァグクイーンとしては史上初の快挙を成し遂げた!

 

 

Photo via : rupaul.com

 

毎年発表される同ランキングは、世界的に影響力を持つ、政治家~アーティスト~著名人など、ありとあらゆる人物を選出したアメリカで最も名誉ある賞の一つ。

 

ル・ポールは、自身がホストを務める人気番組「ル・ポールのドラァグレース」がLGBTコミュニティだけでなく、アメリカのメインストリームにも人気が波及。

今年のはじめには、米TV業界で最も権威のある賞「エミー賞」を初受賞している。

 

関連記事 >> ル・ポール、TV番組の最高峰「エミー賞」を受賞!

 

ドラァグクイーンとしては史上初の受賞をしたル・ポールだが、TIME誌のページでは、親友ナオミ・キャンベルがルーについて語っている。

「私が最初にルーに会ったのは90年代ね。その時わたしはNYの14番街ストリートで撮影をしていたの。彼を見たときに、私はすぐに彼がどこに行くのか知りたかったの。なぜなら私が行きたかったところだったから」

 

当時ナオミ・キャンベルはスーパーモデルブームを牽引していたアイコン的存在で、ル・ポールも92年にシングル「スーパーモデル」が大ヒット。二人とも黒人で活躍していることもあり、一気に意気投合。

キャンベルはル・ポールの魅力について「ルーからウィットや知性などを学んだわ。彼はまるで百科事典のような人よ」と、そのパーフェクトな衣装&メイクアップから彼が持つ内面の美しさまでを語った。

 

関連記事 >> ル・ポール「ドラァグはTVに受け入れられてこなかった」ドラァグ文化について語る

 

ちなみに、ルーと同じく『2017年版:世界で最も影響力のある人物100』に選出されたのは、映画「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督、ゲイの著名人では、カルバン クラインのクリエイティブディレクターとなったラフ・シモンズらが選ばれている。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline