2016/05/17

マライア・キャリーにとっての「LGBT」の意味とは?

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

マライア・キャリー

 

 

5月14日(米現地時間)、メディアを中心にLGBTへの理解を促す団体「GLAAD」によってニューヨークでセレモニーが催され、マライア・キャリーが「アライ賞」を受賞しスピーチを披露した。

 

受賞スピーチでマライアは、「今回のアライ賞を受け取るにあたって、LGBTQのそれぞれの意味をちゃんと覚えなきゃいけないと思い緊張したわ」と前置きをした上で、「LGBTQはね、Legendary(伝説的な)のL、Gorgeous(ゴージャス)のG、Beautiful(ビューティフル)のB、Tantalizing(たまらなくセクシーな)のT、そしてQuality(気品ある)のQなの」と、ウィットに富んだスピーチで会場を沸かせた。

 

 

 

 

同セレモニーは、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のトランスジェンダー女優ラヴァーン・コックスが司会を務めた。

今回のマライア・キャリーの受賞のほか、ジェニファー・ローレンスがロバート・デ・ニーロへ「メディア優秀賞」を授与する場面もみられた。

 

また、スペシャルパフォーマンスとして、TVドラマ『glee/グリー』でブレイクした歌手アレックス・ニューウェルが、マライア・キャリーの『Hero』を披露しセレモニーに参加した人々の感動を誘った。

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

顔痩せの最終兵器…?EMS美顔器がすごい

【総集編】2019年カミングアウトした有名人まとめ

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

カミングアウト、そして同性婚。ゲイカップルを描いた台湾のMVが話題に

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

史上初、紅白がレインボーに染まる!MISIAがトリで快挙

LGBT

カミングアウト、そして同性婚。ゲイカップルを描いた台湾のMVが話題に

LOVE

いまさら聞けない「シャワ浣」パーフェクトガイド

LGBT

【総集編】2019年カミングアウトした有名人まとめ

LOVE

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(後編)

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline