2019/05/29

エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」、刺激満載のR指定で公開へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

グラミー賞を5度受賞した伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた映画「ロケットマン」の本編映像とポスタービジュアルがお披露目された。

 

 

 

 

エルトン・ジョンは、その並外れた音楽の才能でまたたく間に伝説的ロックミュージシャンへの道を駆け上がる一方で、様々な困難や苦悩に満ちており、その半生をドラマチックに描き出す本作。

 

公開された映像には、ジョンを演じるタロン・エガートンが生歌で名曲「ロケット・マン」を熱唱する圧巻のライブシーンがおさめられている。

 

 

 

 

本作は、単にジョンの半生を綴っただけの伝記映画ではない。

ジョンの半生をベースに、フィクションの演出を加えたファンタジー・ミュージカル映画だそうだ。

 

ミュージカル映画といえば、「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットが記憶に新しいが、なんと本作は、「ボヘミアン・ラプソディ」で不祥事により解雇されたブライアン・シンガーの後任として監督代行したデクスター・フレッチャーがメガホンを取っており、そのド派手なミュージカル演出に大いに期待できそうだ。

 

刺激満載のR指定映画として公開へ

エルトン・ジョンといえば、同性婚をし、2人の子供に恵まれている、世界で最も有名なゲイのミュージシャンの一人だ。

そんなジョンの半生には、ドラッグやセックスなど過激なトピックが多数存在する。

 

 

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 

米メディアによると、スタジオ側が映画内でセックスなどの過激な描写を抑えるようにジョン本人に求めたところ、「私はPG-13の人生を歩んできたつもりはない」と、突っぱねたという。ちなみにジョンは製作として映画にコミットしている。

 

そして主演のタロン・エガートンも、「初のゲイセックスシーンを披露した」とTV番組で発言していることから、ハリウッドの大作映画で避けがちな「ゲイ的性描写」がしっかり描かれるよう。その点は大いに期待したいところだ。

 

ロケットマン」は、8月23日から全国劇場公開される。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline