2017/05/31

「男版人魚」「男版妖精」の絵文字が登場。絵文字のジェンダーレス化が進む

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

日本発祥で今や世界的トレンドの「絵文字」が、ジェンダーレス化、多様性が進んでいる。

 

近々追加される最新版絵文字には “男版”人魚のマーメン(mermen)ほか、“男版” 妖精(fairy)らが加わることが分かった。

 

*Android版絵文字/マーメン&マーメイド、妖精

 

人魚は英語でマーメイド(mermaid)で、女性のみを指す言葉であるため、男性版の人魚(mermen)が加わることで、男女平等や多様性を重視した絵文字になるという。

 

絵文字の国際基準を定めている非営利団体「ユニコードコンソーシアム」によると、6月にリリースされる最新版5.0には、マーメンほか、妖精や魔法使い、吸血鬼、ゾンビといった架空の生物も、それぞれ男女の両方が加わるそうだ。

 

同団体に従い、グーグルやアップル、ツイッター、フェイスブックなどといった各社プラットフォームでは、それぞれ独自の絵文字表現を行う。

 

*Android版絵文字/吸血鬼、魔法使い、ジーニー

 

この絵文字の多様性は、アップルを例にすると、これまで男女カップルのみだった絵文字に、初めて同性カップルを追加。続けて、これまでの男女家族に加え、同性カップル+子供のモダンファミリーを追加してきた。

 

同じように、これまで男性版しかなかった絵文字(警察官、裁判官、医者、サーファー等)を、すべてにおいて男性版・女性版の両方を導入している。

この流れが最新版では、架空生物にまで範囲が及んだのは面白い。来月リリース予定の最新版が楽しみだ。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline