2019/05/09

スペイン 極右政党が「LGBTのオバケ」を作成するも、逆にLGBTにネタにされてしまう

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

スペインにて、極右政党のボックス(VOX)が作成した「LGBTのオバケ」が、逆にLGBTコミュニティに利用され話題になっている。

 

 

 

 

極右政党でアンチLGBTのボックスは、LGBTは人々の敵であり倒すべき存在という意味を込め、レインボー柄のオバケを作成。

ツイッターで画像を付けこう投稿した。

 

 

 

 

これは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の有名な戦闘シーンで、勇者には政党ボックスのロゴ、敵にレインボー柄のLGBTオバケがいるのがわかる。

つまりボックス(スペインの人々)が倒すべき存在がLGBTだと伝えるパロディ画像だ。

 

しかしこの画像を見たLGBTのネット民たちは、「このオバケ、逆に可愛いんじゃね?」として、自分たちのキャラとして取り込んだのだ。

 

ネット民たちはこのLGBTのオバケを「Gaysper(ゲイスパー)」と命名。

 

 

 

 

これは、幽霊のアニメキャラ”Casper”と、”Gay”を組み合わせた造語だ。

そして以下ツイートのように、オバケを様々なLGBTの旗に変えて投稿。

 

 

 

 

レインボーフラッグから、トランスジェンダーのフラッグ、ベアープライドのフラッグまで様々だ。

 

ツイッターではハッシュタグ「#Gaysper」がバズり、みんなでボックスの作ったLGBTオバケをいじり始める!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして挙げ句の果てには、スペインのTV番組にまで出演してしまう!!

ゲイスパーとして、司会者と対談を披露した。

 

 

 

 

極右団体による差別的な投稿を、ウィットある投稿で反撃したスペインのLGBTらのユーモアにはあっぱれだ。

 

スペインでは毎年6月~7月にプライドパレードが開催されるが、今年は会場に”ゲイスパー”グッズであふれ返るに違いない。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「HIV検査」は 令和のスタンダード

CULTURE

ディズニー史上初、ゲイを主人公にしたアニメ作品を公開

LGBT

緊急事態宣言の解除後、飲み屋で気をつけてほしいこと

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LIFESTYLE

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline