2019/06/13

皮膚科で人気が高い「ヒルドイド」と同成分の化粧品、マツキヨから発売

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

皮膚科で処方される「ヒルドイド」と同成分を配合した化粧品が、ドラッグストア大手マツモトキヨシのプライベートブランド「マツキヨ」から発売されることがわかった。

 

 

「ヒルメナイド油性クリーム」(50g1186円)

 

皮膚科でしか手に入らない薬がドラッグストアで…!

「ヒルドイド」とは、アトピー性皮膚炎などの治療薬として皮膚科で処方される医療用保湿剤。なおこちら商品名で、成分は「ヘパリン類似物質」というもの。

 

通常は皮膚治療で使われる薬だが、その美容効果の高さから、美容目的で使う人が激増。

病院へヒルドイドを求める人々が殺到したため、これが医療費の増加につがるとして、厚労省は保険適用から外すことを検討する事態に。

 

そんな社会問題化したことを受け、マツキヨではヒルドイドと全く同じ「ヘパリン類似物質」を配合したクリームとローションを開発。

 

昨年9月に発売した「ヒルメナイド油性クリーム」に続けて、611日より「ヒルメナイドローション」を発売する。

 

 

「ヒルメナイドローション」(50g1186円)

 

新発売するローションは、乳液タイプのため肌なじみが良く、高い保湿力が特徴。

化粧品ではなく”第2類医薬品の皮膚疾患薬” として発売するため、その効果は抜群。肌の血行を良くすることでターンオーバーを促し、乾燥や肌荒れを根本から改善してくれる。

 

また、2商品ともにヘパリン類似物質のみで作られており、無香料、無着色、ステロイドフリー、エタノールフリー。余分な物は一切入っていない。

皮膚科でしか処方できなかった「ヒルドイド」と同じものを、全国700店舗のマツキヨで買える手軽さは魅力だ。

 

ヒルドイドは新たな化粧品トレンド?

マツキヨだけでなく、大正製薬からも同じくヘパリン類似物質を配合した化粧品「アドライズ」が今年5月に新発売された。

 

 

アドライズ

 

こちらはヒルドイドの元である「ヘパリン類似物質」に+@として「プラセンタ」を配合。より化粧品として使いやすく効能にもこだわって作られている(こちらはすべて薬用化粧品)。

 

皮膚科学から誕生した「ヒルドイド」が、今後の化粧品トレンドになりそうだ。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

顔痩せの最終兵器…?EMS美顔器がすごい

【総集編】2019年カミングアウトした有名人まとめ

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

カミングアウト、そして同性婚。ゲイカップルを描いた台湾のMVが話題に

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

男同士の恋愛&冒険を楽しむゲーム『サンクタス戦記』がついに日本上陸!

LGBT

カミングアウト、そして同性婚。ゲイカップルを描いた台湾のMVが話題に

LOVE

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

LGBT

【総集編】2019年カミングアウトした有名人まとめ

LOVE

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(後編)

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline