2023/04/28

お酒は1杯ならカラダにいい!ただし3杯以上は悪い(研究結果)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

「お酒と健康」。健康に気をつかいはじめる30代以降は気になるテーマだよね。

 

そんな「お酒と健康」にまつわる大阪大学の研究が、科学雑誌『Nutrients』に掲載された。健康に良い飲み方、適量などを紹介していきたい。

 

 

 

 

大阪大学では、約1463万人を対象とした「アルコール摂取量と腎臓病リスク」を調査。

 

その結果、アルコール摂取量が1日20g(日本酒1合分)であると、蛋白尿の発症・腎機能低下のリスクが減少することが分かった。

 

反対に、アルコール摂取量が1日60g(日本酒3合分)を超えると、蛋白尿の発症リスクが上昇。健康上良くない。

 

つまり、1日1杯程度の飲酒であれば、健康に良い(腎臓病の予防に有効)ことがわかった。

 

〈蛋白尿とは?〉
体にとって必要なタンパクが尿の中に漏れ出てしまう症状のこと。腎臓が正常であればタンパク質に尿が混ざることはほぼないが、腎臓に異常が発生すると漏れ出してしまうそう。

 

ただ、1日60g以上のアルコールであっても、腎臓へのリスクはそこまで見られなかったそうだ。

ただし腎臓以外の健康上のリスクが上がるとみられている。

 

アルコール量の目安

健康的なお酒の目安は「1日20g」これを各お酒に置き換えると以下。

 

日本酒

1合(180ml)に含まれるアルコールが約20g。1日1合が適量。3合を超えると健康リスクあり。

 

缶ビール

缶ビール(350ml)に含まれるアルコールは約14g。1日1本半が適量。4本を超えると健康リスクあり。

 

ワイン

1杯(120ml)に含まれるアルコールは約12g。1日約2杯が適量。5杯を超えると健康リスクあり。

 

***

 

お酒はほどほどあれば、むしろ健康に良い。

 

だけど、習慣的に飲酒する場合は、1日の目安量を超えないように気をつけよう。

 

SPECIAL

こんなタイプにおすすめ!ゲイのための「PrEP」入門

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

ドラァグレース優勝者、台湾総統の前でパフォーマンスを披露!

CULTURE

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

BEAUTY

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline