2019/08/13

LCCでコスパ抜群な旅を!LCCの注意点とオススメ旅行先

旅行大好きなゲイは多いけど、旅行でお金がかかるものといえば航空券。

航空券を安く抑えたいのならLCC(格安航空)は欠かせない手段だ。

 

ただし注意点も多いLCCについて、事前に知っておきたいメリット・デメリットと、LCCでお得に行ける旅行先も合わせて紹介。

 

 

 

そもそもLCCとは?

LCCとはローコストキャリアの略。格安航空会社のことだ。

機内でかかるサービス(飲食、手荷物など)を廃止または有料にすることで、一般航空会社よりもチケット料金を安く抑えているのが特徴。

 

また、効率化を重視した運行ルートにしているため、便数が少ないことが多い。

 

LCCのメリット・デメリット

LCCを使うメリットは「安さ」のみ。以上!

例えば、東京ー沖縄間で片道1万円以下で取れたりと、その圧倒的な安さが魅力だ。

 

じゃあ逆にデメリットは?けっこう多いので以下まとめて記載。

 

1.何でも追加料金がかかる

LCCは安く抑えるために、機内サービスのほとんどが有料だ。

機内持ち込み荷物(ほとんど2点まで無料)、預け入れ手荷物、座席の指定、機内での飲み物・食べ物などはオプション料金が発生する。

 

2.座席がやや狭い

一般航空会社に比べて、座席間がやや狭め。ただし、気にしない人は気にならないので個人差はあるかも?

 

3.機内エンタメが無い

LCCには、座席に付いているTVなどのエンタメ機器がないことが多い。つまり機内にいる数時間は暇!

また、座席に電源がないこともほとんどなので、充電したい人は注意して。

 

4.欠航する危険性がある

飛行機は、台風や天候の悪化により遅延&欠航する。一般航空会社では、欠航した場合に別の便に振り替えてくれるが、LCCはそれが無い。

欠航した場合は航空券がパーになるので、そのことは心に留めておくべし。

 

LCCを使う際の注意点

メリット・デメリットをふまえて、実際にLCCを使う際に注意したいポイントをまとめるよ。

 

 

 

 

1.荷物を減らす

ほとんどのLCCは手荷物2個までは無料だが、それ以上は有料。預け荷物も有料だ。

手荷物は手持ちのハンドバックやリュック、そして小さめのスーツケース内にすべて収めよう。

 

ピーチ、ジェットスター、エアアジアともに2個合計7kgまで無料。

2個にまとめたつもりでも重量オーバーで追加料金を取られる人も多いので、重い物が入っていないかよ〜く注意して。

 

手荷物条件は各社異なるので、しっかりとHPで確認しよう。

 

2.移動中のエンタメ機器を持って行こう!

LCCには機内エンタメがないため、2時間以上フライトする場合はめちゃくちゃ暇になる。暇すぎて機内のパンフレットを熟読することになるかも…。

オススメは、iPadやスマホに、ネトフリやamazonプライムで映画やドラマをダウンロードしておいたり、Kindleに電子書籍を入れておくこと。機内で充電設備はないから充電はたっぷりとね!

 

3.軽食と飲み物を持ち込むこと

LCCは機内の飲み物や軽食はすべて有料なので、ターミナル内で軽食や飲み物は買っておこう。数時間ものフライトで喉がカラッカラの地獄にならないように…。

 

4.乗り継ぎ時間に余裕をもつ

LCCは空港内の主要ターミナルが離れている場合が多いため、乗り継ぎに時間がかかることが多い。

さらには遅延などの場合も考えて、乗り継ぎがある場合は十分な余裕をもつことが大事。

 

5.海外間の移動では極力使わない

一般航空会社では、欠航した場合に別の便に振り替えてくれるが、LCCの場合はそれが無い。

もし海外間の移動で欠航した場合、現地の空港で再度航空券を買うことになるため、海外旅に慣れていない人や英語が苦手な人にとってはパニックになる。

海外間の移動でのLCC利用は極力控えた方がベター。

 

LCCでオススメの旅行先

LCCで旅行するのにオススメな旅行先を、国内外4つピックアップ!

 

LCC国内旅なら断然「沖縄」

 

 

 

大人気の旅行先「沖縄」は、ハイシーズン、通常シーズン問わず便数が多いため、各社値下げを頑張っているから狙い目。

 

さらに、今年3月に沖縄・那覇空港内に、LCCターミナルをつなぐ連結ターミナルが新設され使いやすく進化!

 

以前は、LCC専用のターミナルまでシャトルバスを利用しないと行けなかったが、新設された連結ターミナルにより、徒歩やモノレールやバスからも直接向かえるようになったのだ。

LCCで浮いたお金で、ホテルを少しだけリッチにしちゃお!

 

 

便数の多さが魅力の「札幌」

 

 

 

沖縄に並び、LCCの便数の多さが魅力なのが「札幌」だ。

ここ数年の外国人観光客の急増を受けて、大幅に便数も増加!

通常エリアのLCCは1日1~2便が多いが、東京ー札幌間だと1日10便以上!便数が増えるということは、それだけ安く行けるということなのだ。

 

また最近は日本全体を酷暑が襲っているため、冬以外にも避暑地としての人気も集まっている。

食と自然が豊富な札幌で、大自然の観光と食い倒れツアーなんていかが?

 

 

海外行くなら最短フライトの「ソウル」

 

 

 

もし海外旅行でLCCを使うなら、フライト時間が短い近場のアジアがオススメ。

その中でもフライト時間が2時間半と最も短い「ソウル」は、年を通して高い人気を誇っている。

片道10,000円~15,000円前後と安く行けるのが魅力で、フライト時間も短く、便も多い!

 

ソウル行きのオススメLCCは、東京または大阪からだと韓国系LCCの「チェジュ航空」「ティーウェイ航空」「エアソウル」らが、往復20,000円前後と圧倒的な安さを誇っている。(時期にもよる)

 

 

週末旅にオススメな「台北」

 

 

 

ゲイたちに高い人気を誇る「台北」も、LCC向きの旅行先だ。

日本から3時間半とフライト時間も短いため、やや狭い席でエンタメ設備がなくても我慢できる。

 

台北行きのオススメLCCは、東京からだとシンガポール系LCCの「スクート」が安くて良い。大阪からだと、ピーチ、ジェットスター、タイガーエアー台湾も同じくらい安く行ける。(時期にもよる)

 

***

 

旅行では飛行機内で快適に過ごすのもありだけど、少しでも旅費を抑えたいのならLCCは全然アリ。

 

LCCを利用することで航空券を節約して、その分をホテルやアクティビティに使っちゃお。

ぜひ旅行の参考にしてみて。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

絶品でフォトジェニックな”上陸系”グルメバーガー

頭皮をデトックス!メンズにおすすめの「頭皮ケア」アイテム

ルッキングを超えるゲイドラマ?──『メリー・アン シングルトンの物語』

今週末はゲイ映画を観よう!ホットな映画をピックアップ

編集部セレクト「真夏のハッテンポーチ」

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

日本でも増えるPrEPのための「見守りクリニック」とは?

LGBT

日本初!LGBTQサポートを掲げた大型音楽イベント。ユーミン、MISIAらが出演へ

BEAUTY

「モテる清潔感」を身につけよう。デート前のチェックポイント

LGBT

「日本で同性婚は実現できるの…!?」松中権さんに聞いてみた

LIFESTYLE

食欲の秋にはスイーツが欠かせない…!「栗」を使った絶品スイーツまとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline