2016/09/18

エリザベス女王のいとこ、マウントバッテン卿がゲイをカミングアウト

エリザベス女王のいとこ、アイヴァー・マウントバッテン卿がゲイであることをカミングアウトした。

英国ロイヤル・ファミリーでゲイを公言した人物は史上初めてとなる。

 

 

%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%b3%e5%8d%bf1

アイヴァー・マウントバッテン卿(左)/パートナーのジェームズ・コイルさん(右) Photo via : anglenews

 

アイヴァー・マウントバッテン卿(Lord Ivar Mountbatten)は、エリザベス女王の玄孫にあたる英ロイヤル・ファミリーの一員。

 

9月17日のインタビューにて、「私はこれまで家族や友人への偽りを止めました。今はパートナーと呼べる人に出会えてとても幸せです」と語り、同性のパートナー、ジェームズ・コイルさんと幸せな交際をしていると語った。

コイルさんは航空会社のディレクターで一般人とのこと。

 

昨年3月には親しい友人、家族にゲイであることをカミングアウトし、パートナーを紹介していたそうだ。

 

マウントバッテン卿は英デイリーメール紙にてこう答えている。

「私がマウントバッテン卿であることが問題(ゲイであること)ではなく、生まれた時代に問題がありました。私は成長する上で『愛は声高々に語ることではない』と知りました。しかし、今は驚くべきことに、皆が様々なテーマを受け入れるようになってきています」と語る。

 

現在53歳の彼は、早い時期にカミングアウトできなかったことでセクシャリティに悩み、ガールフレンドを持った10代・20代の苦悩も語っている。

そして、いまやっと心から「パートナー」と呼べる男性に出会えた喜びを語った。

 

マウントバッテン卿は、前妻ペニー夫人と2011年に離婚しており、2人の間には3人の娘がいる。

 

 

Lord Ivar Mountbatten

マウントバッテン卿、前妻ペニー夫人、3人の娘

 

インタビューでは、自身の決断について子供たちについても言及した。

 

「理想的な世界では、娘たちは父親、母親が共に過ごすことを理想としているでしょう。しかし、娘たちは21世紀の新しい家族のカタチを愛しています。彼女たちの父親には同性の恋人がいます。

それは複雑なことですが、同時にシンプルなことなのです。私がジェームズに出会えたこととは、誰かに嘘をつくことや自分だけで歳をとることをしなくていいことを意味しています。」

 

3人の娘は父の決断を受け入れ、パートナー男性との交際を応援しているとのことだ。

 

Text via : telegraph

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline