2022/04/23

旅ライターが紹介!ハワイ・ホノルルの人気ゲイバー2選

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

旅ライターのがぅちゃんです。

ハワイの州都・ホノルルにある人気ゲイバー「バッカス・ワイキキ」と「フラズ」を紹介します!

 

ハワイのホノルルついておさらい

 

ホノルルのワイキキビーチ。

 

「ハワイ/Hawaii」はアメリカの「ハワイ州」のこと。ハワイは約19の島によって構成されており、これらは「ハワイ諸島」と呼ばれています。メインの島が8つ(9つとも)存在し、「オアフ島/Oahu」にある州都が「ホノルル/Honolulu」です。

 

 

ホノルルのメインストリート「カラカウア通り」。

 

オアフ島の人口はハワイ全体(約145万人)の約8割を占めるのですが、その1/4にあたる約35万人がホノルルに住んでいます。ハワイのホノルルは、(やや大袈裟に例えるならば)日本の東京のような状態の場所と言えるでしょう。

 

ホノルルのLGBT事情について

 

ホノルル・プライド・パレードの動画。カラカウア通りにて。

 

ハワイはLGBTフレンドリーな州として知られており、住民の約7割が同性婚に賛成していると言われています。州都のホノルルでは、毎年10月に「ホノルル・プライド・パレード/Honolulu Pride Parade」が開催されます。

 

ホノルルのダウンタウン「ワイキキ」について

 

ワイキキビーチにある、ハワイの伝説的アスリート「デューク・カハナモク」の像。水泳のオリンピック金メダリスト(3回)であり、サーファーとしても有名。

 

ホノルルの中でも最も観光客が集まるエリアが「ワイキキ/Waikiki」。あえて東京で例えるならば、新宿や渋谷のような場所と言えます。「ワイキキ」はハワイ語で「水が出てくる所」のような意味があり、ワイキキビーチがランドマークとなっています。

 

 

ワイキキビーチで、朝からサーフィンする人々。

 

ホノルルのワイキキにあるゲイバー「バッカス」と「フラズ」

 

フラズのエントランス。

 

ゲイフレンドリーなホノルルでも特に有名なゲイバーが、ワイキキにある「バッカス・ワイキキ」と「フラズ・バー&レイ・スタンド」。これらはハワイを代表するゲイバーとしても認識されています。

 

バッカス

 

バッカスの外観。

 

正式名称は「バッカス・ワイキキ/Bacchus Waikiki」。現地では「バッカス」と呼ばれています。ホノルル在住のゲイの友人におすすめのゲイバーを聞いたところ、まず名前が挙がったのがバッカスでした。

 

 

店内の様子。

 

バッカスは健全な印象で、危なっかしい様子では無かったです。来店した日は「トリビア・ナイト(アメリカのバーでよくあるクイズ大会)」の開催日で、地元のゲイの客で盛り上がっていました。アメリカらしいご当地ゲイバーという空気があり、落ち着きます。

 

ドリンクの値段は良心的で、特製カクテル8ドル/880円〜、ドラフトビール4ドル/440円〜。店員さんもフレンドリーです。

 

バッカス・ワイキキ/Bacchus Waikiki
住所:408 Lewers St, Honolulu, HI 96815, United States
HP >>

 

バッカスの地図。

 

フラズ

 

フラズの外観。

 

通りに看板が立っている。

 

正式名称は「フラズ・バー&レイ・スタンド/Hula’s Bar & Lei Stand」。バッカスと等しく有名で、現地では「フラズ」という名前で親しまれている様子。ワイキキの南の端のビーチ近くにあります(バッカスとの距離は1.7kmほど)。

 

 

フラズの店内。

 

窓が大きい(というか無い)。

 

通りでサーファーが歩いている。

 

ホテルの2Fにあり、バッカスよりは観光客向けといった気配が強いです。ゲイ専用のゲイバーではなく、ゲイフレンドリーバーと言える雰囲気でした。フードメニューが充実しているので、アメリカ料理を楽しめるレストランとしても使えます。

 

ドリンクの値段は良心的で、バッカスと次元は変わりません。ドラフトビールは5ドル/550円〜。

 

フラズ・バー&レイ・スタンド/Hula’s Bar & Lei Stand
住所:134 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815, United States
HP >>

 

 

フラズの地図。

 

ハワイのゲイバーでの注意

 

入店orお酒の注文の際にIDの提示を求められるので、IDは絶対に忘れないようにしたいです(アメリカでの飲酒は21歳〜)。バッカスとフラズでは、道中も含め、治安に関して特に気になることは無かったです。

 

 

バッカスのバーカウンター(ここで注文&精算&受取する)。

 

バッカスとフラズでは、お酒はそのつどカウンターで注文&精算するのですが、チップは1杯につき1ドル払うのが無難です。チップを払わないとちょっと変な感じになると思うので(日本の家に土足で上がるような)、払うのがマナーと言えます。

 

 

フラズのドラフトビール。しっかり冷えていた。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

台湾の人気フォトグラファーが撮る「メンズポートレート 写真集」3選

LOVE

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LIFESTYLE

ハッテン事情も!海外のゲイヌーディストビーチはこんなかんじ

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline