2022/07/26

米・ゲイが集まる有名な「キャンプ場」 旅ライターが体験

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

旅ライターのがぅちゃんです。

 

アメリカ北東部のニューハンプシャー州で最も有名なゲイキャンプ場「ジョーズ・ハイダウェイ/Joe’s Hideaway Campground」を紹介します。

 

ゲイキャンプ場とは

 

ゲイキャンプ場のキャンプファイヤー。@ジョーズ・ハイダウェイ

 

「ゲイキャンプ場」とは、ゲイ向けのキャンプ場のことです。

英語では「gay campground」「gay campsite」などと表記されることが多いです。アメリカ※では、日本よりはカジュアルにキャンプをする文化があるので、ゲイキャンプもそこまで珍しくはない様子。

 

※アメリカは広いので、この記事では、私が滞在していた北東部のニューイングランド地方(メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)をアメリカとします。

 

 

赤い部分がニューイングランド地方。

 

キャンプと言っても大ごとではなく、「テントやキャンピングカーで寝られる、山のホテル」くらいの感覚かもしれません。キャンピングカーで乗り込んで滞在することもできるので、「安めの別荘」のような感覚で使っている人もちらほら。

 

 

キャンピングカーの雰囲気。「タイニーハウス」化している。長期レンタル可能。

 

ニューハンプシャー州のゲイキャンプ場「ジョーズ・ハイダウェイ」

 

ジョーズ・ハイダウェイのエントランス。

 

手作りの看板。

 

ニューイングランド地方では最も有名なゲイキャンプ場と言えるのが、ニューハンプシャー州の「ジョーズ・ハイダウェイ/Joe’s Hideaway」。ニューイングランド地方でゲイキャンプをするお客さんなら、みんな知っているといった知名度。

 

 

ジョーズ・ハイダウェイの雰囲気。敷地内はクロージング・オプショナル。

 

ジョーズ・ハイダウェイは、クロージング・オプショナル(ヌーディスト・フレンドリー)であることでも知られています。

 

敷地内では全裸での滞在が可能。ゲイのヌーディストのコミュニティの間でも有名なので、キャンプという文脈を超えた人気があるよう。

 

ジョーズ・ハイダウェイの使い方

 

ジョーズ・ハイダウェイの、受付/オフィス。

 

敷地内の地図は、受付でもらえる。プールなどある。

 

利用方法はホテルと同じです。受付でチェックインし、自分の部屋の料金を支払い、あとは自由に過ごします。

 

部屋の種類は2つで、「テントサイト」と「キャビン」。テントサイトは空き地で、自分でテントをこしらえます。キャンピングカー(RV)で乗り込んで泊まってもOK。

 

 

テントサイトの雰囲気。この空き地が自分の部屋となる。

 

持参したテントを立てる。

 

「キャビン」は、キャンプ場に常設されている部屋のことです。テントサイトもキャビンも、グレードやオプションによって料金が違います。

 

最安価格は、水・電気(コンセント)なしのテントで、一泊2200円(20ドル)。私は、水・電気ありのテントサイトに宿泊しました(2750円/25ドル)。

 

 

テントサイトのコンセント。(延長コードは持参)

 

コンセントの下に水がある。(水はトイレで使えるので、ここに無くてもよいと思えた)

 

夜は真っ暗。テントサイトだけど、なんとなくテントで泊まる場所じゃない気もした。

 

他のテントサイトを見ると、キャンピングカーで泊まるのがオーソドックスらしかった。

 

イベントの様子

 

ジャックストラップ&ブーツパーティの様子。

 

パーティを引きで見た様子。音楽が鳴り響き、山がゲイクラブと化している。

 

ジョーズ・ハイダウェイの営業期間中(3〜9月)は、毎月、何かしらのイベントが開催されています。ジャックストラップ&ブーツ、レザー、ハロウィンなど、種類は様々。

 

イベント開催期間中は、メインイベント以外にも小さな催しがいくつも開催されているので、退屈しません。ムービーナイトや、自然発生的な大宴会などあります。

 

 

ムービーナイトの様子。

 

スタッフの誕生日パーティの様子。

 

「山の中のゲイクラブ」といった様相を呈しており、ゲイ娯楽へのアクセスが無い地域で暮らすゲイ達の憩いの場、のようにもなっていました。

 

まとめ&注意

 

多目的ルーム。

 

ジョーズ・ハイダウェイは、ゲイキャンプ場であり、ゲイヌーディスト向け施設であり、ゲイクラブでもある、と言えます。多様な使い方ができます。多目的ルームのようなスペースもあり、自由恋愛を肯定する文化もある様子。

 

利用者に話を聞いてみると、なんだかハッテン場の説明のような説明をする人もいました。しかしジョーズ・ハイダウェイは、あくまでも(というか正真正銘)、キャンプ場です。ドイツのベルリンにあるようなセックスクラブとは別物と言えるでしょう。

 

 

ジョーズ・ハイダウェイの、共用バスルーム(シャワー&トイレ)。かなり清潔。

 

トイレの個室には、エッジの効いたアート。

 

個室にチョークが設置されており、「公衆トイレ風」という、遊び心が効いたコンセプトがある様子。

 

「木で、して」との注意書き。ジョークでも何でもなく、ジョーズ・ハイダウェイでは立ち小便が推奨されている(水の節約のためだそう)。

 

ジョーズ・ハイダウェイでの注意を厳選すると3つ。「野生の熊が出る」「IDは必須」「電気がないと困る」です。

 

敷地内に野生の熊が出るそうですが、「ニューハンプシャー州は熊が出る」という、そもそもの理解もあるためか、パニックにはなりません。スタッフやお客さんは熊のあしらい方を知っている様子です。熊について不安があれば、聞くと色々教えてくれます。

 

 

えらいもんで、敷地内にはベアフラッグ。

 

IDに関しては、「お酒がある場所や宿泊施設では、実年齢に関わらず必須」と考えてよいです。電気についてですが、長い延長コードと懐中電灯が無いと、ちょっと困るかもしれません。

 

ジョーズ・ハイダウェイはかなり人気で、利用の際は予約必須といった様子。あと、飲食物が売っていないので、持参するか、近所の町まで食べにいくかの2択となります。もろもろの詳細に関しては、HPでの確認をおすすめします。

 

 

ジョーズ・ハイダウェイの前の通り。完全に山。

 

ジョーズ・ハイダウェイ/Joe’s Hideaway Campground
営業期間:3月〜9月
住所:928 Valley Road, Washington NH 03280
HP >>

 

ジョーズ・ハイダウェイの地図

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

台湾の人気フォトグラファーが撮る「メンズポートレート 写真集」3選

LOVE

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LIFESTYLE

ハッテン事情も!海外のゲイヌーディストビーチはこんなかんじ

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline