2015/01/31

ビル・ゲイツ氏、HIV撲滅ワクチンが2030年までに入手可能になると予測

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

1

 

 

 

Microsoft創始者ビル・ゲイツ氏が、スイス・ダボスで行われた世界経済フォーラムにて、HIV撲滅の為のワクチンや集中的薬物は、次の15年間(2030年)の間に利用可能になると予測した。

 

ゲイツ氏は、新薬やワクチン接種等により、一生涯続くHIV治療が根絶されるという考えを発言。また、それに合わせて新規の感染者数も減少するであろうと明言した。

 

「マラリアとエイズに関しては、95%~100%減少できる解決策が見えています。それらの方法はこれから15年の間に飛躍的に発明されることでしょう。」

 

 

ゲイツ氏は、自身が創設した慈善基金団体「ゲイツ財団」を通じ、エイズ対策を掲げる「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に述べ14億ドル以上を寄付しており、エイズ撲滅に向けて最も関心を寄せる人物の一人だ。

 

具体的なHIVワクチンの研究開発過程については触れなかったものの、様々な新薬や医療プロジェクトに取り組む同氏の発言は、エイズ・HIVに苦しむ人々に希望の光を灯してくれたことだろう。

 

 

via:Pink News

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline