2019/04/01

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

GENXY PROMOTION

ゲイにとって他人事ではないHIV/エイズ。

セックス頻度にもよるが、半年~1年に1回は定期検査をした方がよい。

 

しかし「多忙すぎて検査所に行けない」「他の人に会う危険性があるのがイヤ」「そもそも近くに検査所がない」という人は意外と多いハズ。

 

そんな現代人にオススメしたいのが、ネットから手軽にできる「郵送検査」だ。ネット時代ならではの便利ツールは使わない手はない!

今回は「郵送検査」について詳しく紹介するよ。

 

HIV検査はゲイのマナー。半年〜1年に1回は検査しよう!

日本では毎年1500人前後がHIV/エイズに感染しており、そのほとんどはゲイ・バイ男性だ。

 

 

 

 

HIVは一度感染をすると、一生完治することはない。

ただ現在は医療が発展しているので、治療を継続することで一般の人と同じ生活水準・寿命を送ることができる。もちろん、感染しないに越したことはない!

 

HIVは、コンドームなしのセックスをすることで感染する。

以前発表されたナイモンでのLASH調査によると、回答者6,921人中、約半数ものゲイが過去半年間でコンドームなしのアナルセックスをしたと回答しており、ゲイたちのナマ率の高さは異常なほど!

HIVにかかる可能性が高まるので、セックスでは必ずコンドームをしよう。

 

また、定期的なHIV検査はもはやゲイのマナーといっても過言ではない。セックス頻度の高い人は半年に1回、普通の頻度の人は1年に1回は検査を受けるようにしよう。

 

HIVだけじゃない?ゲイが気をつけるべき性感染症

 

 

 

ゲイはHIVだけを気を付ければいいかといったら、そうではない。

最近はHIV以外の性感染症も大流行しており、知らず知らず感染する危険がある。

 

また、性感染症には感染力が強いものが多く、HIVのリスクを急激に高めてしまうから注意が必要なのだ。

今回は特に気をつけてほしい性感染症を紹介。

 

■梅毒

ここ数年、大流行中の性感染症といえば「梅毒」。去年だけで新規感染者数が6000人を超え、この記録はなんと48年ぶり!

 

梅毒は感染すると、ペニスにしこりや発疹などの症状が出たりする。その間症状が軽快する時期があり、感染に気付かないまま症状が進行すると失明や意識障害を起こす可能性もある。

そしてやっかいなことに、梅毒に感染するとHIVの感染率が5倍近く増すといわれており、ゲイたちは注意してほしい性感染症の一つなのだ。

 

■B型肝炎

HIVと同じく、ゲイが感染しやすいのがB型肝炎。

自覚症状が出ず自然治癒する場合と、急性肝炎を発症する場合とに分かれる。

 

急性肝炎になると、食欲不振、吐き気、倦怠感に襲われる。放置していても数ヶ月で自然と完治するが、気をつけるべきは急性肝炎の1~2%は劇症肝炎になることがあるということ。

劇症肝炎が発症すると昏睡状態に陥り、なんと死亡率は70~80%!!

 

B型肝炎は症状が出ないことも多いが、命に関わる病気なので定期的に検査をすることもオススメしたい。

またB型肝炎の場合はワクチンがあるので、可能であれば打った方がベター。

 

■C型肝炎

C型肝炎もB型と同じで、自覚症状が出ず自然治癒する場合と、急性肝炎を発症する場合とに分かれる。

 

急性肝炎の場合、数ヶ月で自然治癒する場合もあるが、6ヶ月以上症状が続くことで急性肝炎→慢性肝炎に変化。

慢性肝炎になると、肝がんの発症リスクが急激に高まるので危険。慢性肝炎は完治ができないため、早めに検査をすることが大事なのだ。

 

■クラミジア

よく聞くクラミジアだけど、意外と症状について知らない人も多いハズ。

ペニスに感染すると、オシッコの際に痛みや違和感があったり、尿道にかゆみがでたりする。

また、「咽頭クラミジア」といって、フェラをすることで咽頭(のど)に感染することもあるから怖い。

 

■アナルの性感染症

意外な盲点だけど、ゲイたちはアナルセックスをするから、アナル(直腸)も性感染症にかかる危険性がある。

アナルにできるものは、梅毒、尖形コンジローマ、性器ヘルペス、クラミジア、淋菌など。基本的にペニスにできるものとほぼ同じ。

 

めちゃめちゃ便利な「郵送検査」を使ってみよう

HIVや性感染症の怖さについて分かったところで、気になるのはどうやって検査をすればいいのか。

 

HIV検査は保健所で受けることができ、各性感染症もクリニックや病院で検査することができる。

 

…とはいえ、足を運ぶのはけっこうめんどくさいし、時間がかかる。

なかなか保健所やクリニックに足を運べず、感染を知らずに放置してしまう人も多いのだ。

 

そんな時こそ、めちゃめちゃ便利な郵送検査「GME医学検査研究所」の郵送キットを試してみてほしい。

 

 

GME検査キット

 

通常、保健所やクリニックで受けるHIV検査と異なり、すべて自宅で完結するのでめちゃめちゃ楽チン。

以下、手順を紹介。

 

①検査キットを取り寄せる

②検査キットで検体採取

③ポストに投函

④検査結果をネットでチェック(GMEに検体到着してから最短1日!)

 

検査から結果までを自宅で完結できるから、忙しい現代人に最適な検査方法なのだ。

 

 

検査キットの中身

 

もちろん、個人情報の配慮にも徹底している。

匿名検査なので個人情報が外部に漏れることはないし、また送られてくるキットは郵送時に送付者名が選べたり、郵便局留めヤマト運輸センター止めができたりと、同居人や家族に知られることなく検査ができる。

 

郵送検査は、業界最大手の「GME医学検査研究所」をぜひともチェックしてみて。

同研究所では、HIV検査だけでなく、各種性感染症をまとめて一気に検査できるのが嬉しい。

 

郵送検査になれると、その便利さにハマること間違いなし。ネット時代の便利ツールはぜひとも試してみてね。

 

ジェンクシー専用のクーポンコード「07050306」を注文フォームに入力すると5OFFになるよ。予告なく終了する場合あり)

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline