世界的写真家ライアン・マッギンレー、待望の美術館初個展が開催

April 5th, 2016

ライアン・マッギンレー1

《Taylor (Black & Blue)》 Cプリント 2012 ©Ryan McGinley

 

世界的写真家ライアン・マッギンレーの展覧会『ライアン・マッギンレー BODY LOUD!』が、東京オペラシティ アートギャラリーにて、4月16日 (土) より開催される。

 

ライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)は、2003年に25歳という若さでホイットニー美術館にて個展を開催、アメリカを始めとする世界中にファンを抱える気鋭の写真家だ。

 

また、マッギンレーはゲイであることを公表しており、ユースカルチャーに大きな影響を与えた彼の作品はオープンリーゲイの写真家ウォルフガング・ティルマンスを思わせるが、ダウンタウンから大自然まで撮影する、自由で開放的な描写は不動の支持を得ている。

 

 

01(Red_Blueberry)_60x90・_2015

《Jacob (Red Blueberry)》 Cプリント 2015 ©Ryan McGinley

 

02Press_2015_Ivy_(Bubbles)_40x60

《Ivy (Bubbles)》 Cプリント 2015 ©Ryan McGinley

 

マッギンレーといえば、若者たちの躍動感あるヌード写真で知られている。微細で洗練された色彩、光を操った映画さながらのドラマティックな写真は見る者をユートピアへと誘う。

 

 

ライアン・マッギンレー4

《Jessica & Anne Marie》 Cプリント 2012 ©Ryan McGinley

 

今回の大規模な初展覧会では、マッギンレー自ら厳選した約50点が展示。

「アメリカで最も重要な写真家」評される作品は必見だ。

 

 

「ライアン・マッギンレー BODY LOUD!」展

会期: 2016年4月16日 (土) – 7月10日 (日)

時間: 11:00 – 19:00 (金土は20:00まで)

休館日: 月曜日 (5月2日を除く、祝日の場合は翌火曜日)

場所: 東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿3-20-2)

Tel: 03-5777-8600

入場料: 一般 1,200円 / 大・高生 800円 / 中学生以下無料

展覧会公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

英国映画協会が選ぶ『史上最高のLGBT映画ベスト30』が発表

ENTERTAINMENT

「美術手帖」がメンズ・ヌード特集。レスリーが池内博之を丸裸に!

ENTERTAINMENT

裸の男達を描いた展覧会「NAKED MEN 1876〜2016」が開催

ENTERTAINMENT

着物姿やヌードも、荒木経惟の個展「淫冬 IMTOU」が原宿で開催