英歌手ジェームズ・モリソン、マドンナを「最も態度が悪いセレブ」と名指しで批判

May 17th, 2016

ジェームズ・モリソン&マドンナ

 

 

英歌手のジェームズ・モリソンが、新アルバム「Higher Than Here」の取材に応じた際に「最も態度が悪いセレブ」について質問され、ポップ界の女王マドンナを名指しで批判した。

 

ジェームズは、マドンナとレコーディングスタジオで初めて会った時の苦い思い出を語った。

 

「マドンナとはロスのレコーディングスタジオで会ったんだ。スタジオにいた人に『マドンナ来てるけど会いたい?』って聞かれたから『別にファンじゃないし、どんな挨拶をしたらいいかも分からないから別にいいや』って断ったら、『ただ「こんにちは」って挨拶すればいいんだよ!』って言われて会うことになったんだよ」

 

こうして半ば無理やりマドンナと会うことになったジェームズだが、マドンナの態度は恐ろしくひどくはなかったものの、決して良くはなかったそうだ。

 

「マドンナに会って、握手のために手を差し出したんだけど、彼女は僕の手を汚物にまみれた汚いもののような目で見てきて一言『あなた、何をしている人なの?』って聞いてきたんだ。『歌手です』と答えたら、そのままジッと見つめられたよ。すごく気まずかった。ひどい人じゃなかったけど、優しくはなかったね。」

 

…なんともマドンナらしいエピソード。

女帝マドンナの塩対応はかなり怖そう。

 

OTHER

LIFESTYLE

「食事は1日6回」アンチエイジングの女王、マドンナに学ぶワークアウト術

ENTERTAINMENT

マドンナ、ツアー収益額がソロ歌手の歴代記録を更新

ENTERTAINMENT

カイリー・ジェンナーが、"本家" カイリー・ミノーグに宣戦布告!

ENTERTAINMENT

マドンナ、観客の大ブーイングに「ビッチ達!お黙り」とピシャリ

ENTERTAINMENT

マドンナのコンサートにて、ゲイカップルが公開プロポーズ!

ENTERTAINMENT

映画『ピッチ・パーフェクト』のパロディー動画。その名も"ビッチ"パーフ