キリン、「同性パートナー」や「トランスジェンダー従業員」の制度を新追加

June 30th, 2017

 

キリングループが、同性パートナーやトランスジェンダー社員に対しての福利厚生を新しく加えることを発表した。産経新聞ほか各紙が一斉に報じている。

 

これはキリンホールディングス傘下、株式会社キリン、キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンの4社で、7000人程の従業員が制度の対象となる。

 

同性パートナーへは、同性パートナー証明書等の届出を提出すれば、法律婚と同じように、転勤時の別居手当や慶弔休暇などの福利厚生を受けられる。

 

さらに発表によると、トランスジェンダーの従業員が性別適合手術を受ける際、最大60日の有給休暇を取得できるとのことだ。

キリンでは、これまで未消化の有給休暇を計60日まで積み立てられる制度があったが、子供の看病や両親の介護など範囲が限定されていた。これをトランスジェンダーの手術にも適用範囲を広げるという画期的なもの。

 

同性パートナーを配偶者と同等にみなす制度は、パナソニックや資生堂など大手企業が続々と行なっているが、「トランスジェンダー従業員」に対しての制度は、国内企業の中で極めて先進的な取り組みといえる。

 

OTHER

LGBT

歌手シャリース、トランスジェンダー男性であることをカミングアウト

LGBT

過去最多10万人を記録!「東京レインボープライド2017」が閉幕

LGBT

資生堂、同性パートナーを配偶者として認める。社内規定にて

LGBT

世界を変える、イケメン・トランスジェンダー11人

LGBT

「東京スター銀行」、同性パートナーに家族優遇を適用へ 。国内銀行で初

LGBT

LGBTフレンドリーな国内企業まとめ