Jay-Z「俺の母親はレズビアン」、新曲にてカミングアウト

July 3rd, 2017

ビヨンセの夫であり人気歌手Jay-Zが、新アルバム『4:44』にて母親がレズビアンであることをカミングアウトした。

 

 

 

 

6月30日、音楽ストリーミングサービスTIDALにて先行発表した新アルバム『4:44』。

それに収録された楽曲「Smile ft.Gloria Carter」では、自身の母親グロリア・カーターがレズビアンであることを綴っている。

 

以下、「Smile」の歌詞から引用。

 

俺のママには4人の子供がいる、だけど彼女はレズビアンだ。

長い間、悲劇役者でいなきゃいけなかった。

クローゼットの中に隠れて薬を飲んだ

社会はそれが恥だという 耐えきれないほどの苦しみ

恋に落ちたとき、嬉しさのあまり涙がでた

母の相手が彼なのか彼女なのかはどうだっていい

ただ、ヘイトに苦しんだあなたの笑顔がみたい

マリー・アントワネット 彼らにケーキを食わせてやろうじゃないか

 

 

母親の心情を綴ったJay-Zのラップ。

そしてこの楽曲には母グロリア自らフィーチャリングに加わっており、自身のカミングアウトストーリーを歌い上げる。

以下、歌詞から引用。

 

わたしは影の中で生きてきた あなたにはそれがどんな生き方か想像できる?

周りはあなたが幸せで自由だと思っている

なぜなら、あなたがそう見えて欲しいと思っているから

2つの人生を生きるのは、幸せだけど自由じゃない

誰かが家族や愛する人を傷つけるんじゃないかと、影の中で恐れている

世界は変化してる 今こそ自由になれるとあなたに告げる

だけど本当の自分になるのが怖い

影の中にいた方が安全に思える 誰も傷つけないから

だけど人生は短い 自由になる時がきたと思う

わたしは愛する人を愛したい だって人生は何も保証されていないんだから

 

 

Jay-Zによる母の気持ちを代弁するような告白、そして曲で共演するというカミングアウト方法は前代未聞だ。

Jay-Zといえば、妻ビヨンセとともにLGBTサポート掲げるアライのセレブとして有名。

 

この楽曲に対し、米LGBT権利団体GLAADの代表サラ・ケイト・エリス氏はこう述べた。

「レズビアン女性はしばしばLGBTQの問題から無いものにされてしまいがち。レズビアンで黒人であるグロリア・カーターの力強いメッセージが、(6月の)全米プライド月間の終わりにふさわしく、LGBTQコミュニティを勇気付けてくれた」と賛辞を送っている。

 

OTHER

LGBT

歌手シャリース、トランスジェンダー男性であることをカミングアウト

LGBT

初のレズビアンの首相が誕生へ、セルビアにて

LGBT

女子スカッシュ世界1位・2位の選手がカミングアウト。同時に交際も公表

LGBT

95歳でカミングアウトしたゲイ男性、インタビューに答える

LGBT

【総集編】2016年カミングアウトした有名人まとめ

LGBT

マライア・キャリー、LGBT団体から「アライ賞」を受賞しスピーチを披露