香港、同性パートナーにも「配偶者ビザ」を認める

September 26th, 2017

9月25日、香港にて、同性カップルにも「配偶者ビザ」を認めると、高等法院が判決を下した。

 

この判決は、レズビアンカップルが訴訟を起こしたもの。

香港で働く英国人女性が、英国でシビルユニオンを結んだ同性パートナーに対し、在留のための「配偶者ビザ」を求めた裁判。

 

 

Image via : hongkongfp.com

 

英国人女性QTさんと、その同性パートナーSSさんは、2011年に香港に移住。二人は英国ではシビルユニオン(同性パートナーシップ)を結んでいたが、香港では認めらなかった。

 

QTさんは最初観光ビザで香港に滞在し、その後12ヶ月の就労ビザのみが与えられていた。在留が認められない為、2015年5月に香港移民局を相手に裁判を起こした。

 

2016年3月、裁判が高等法院に移り、そして2017年9月、晴れてビザが認めれたのだ。

 

判決では、配偶者ビザを支給しないことが「性的指向に基づく差別」「異性愛者であろうと同性愛者であろうと、安定した長期的かつ献身的な未婚カップルは、法律上の夫婦と同じ」とされ、ビザが認められた。

 

同性パートナーへ「配偶者ビザ」が認められたのは、中国、香港では初となる。

 

OTHER

ENTERTAINMENT

中国で配信禁止になった幻のゲイドラマ、日本初放送へ

LGBT

インド、中国など、アジア10ヶ国がHIV感染者の95%を占めている

LGBT

世界一ゲイとして生き辛い国は中国?最新ランキングで明らかに

LGBT

台湾、同性婚を認める!アジア初!

LGBT

台湾のホテル、ゲイカップルをテーマにした広告がSNSで話題に

LGBT

2022年の「ゲイのオリンピック」の開催地、香港に決定か