コカ・コーラ、LGBT若年層のいじめ防止をテーマにしたキャンペーン動画

August 20th, 2015

 

 

コカ・コーラが、LGBT若年層へのいじめ防止をテーマにしたキャンペーン動画を公開し話題になっている。

 

ラテンアメリカで公開された同キャンペーン動画は、映画『ミルク』でアカデミー賞脚本賞を受賞したオープンリーゲイのダスティン・ランス・ブラックが監督を務め製作された。動画は全編ポルトガル語なので、簡単に以下内容を説明。

 

 

物語の主人公は、10代の男の子ディエゴとラファエル。

ある日、ディエゴは、親友ラファエルが男友達(明らかにゲイ男子)とラブラブなメールをしているのを目撃してしまう。

ディエゴは、”ラファエルって実はゲイかも??”と感づき、「なぁラファエル、俺に隠していることないか?」と聞くが「ん、何のことだよ?」とはぐらかされる。

 

そのあと、家でTVゲームをしていた2人だったが、一区切り付いたところでラファエルがその場を離れる。

 

しかし、彼の携帯はその場に置いたまま。

そこに、隠れてメールしているゲイの彼からラブラブなメールが届く。気になったディエゴは、ラファエルが居ない隙に携帯を覗き見しようとするが、、、周りの友達も一斉に携帯を見ようとしてしまう!!

果たして、ラファエルがゲイであることがみんなに知られてしまうのか…??

 

続きは動画をチェック!(*英語字幕)

 

 

Coca Cola – The Text from Tantorfilms on Vimeo.

 

 

ゲイと分かりつつも親友ラファエルをいじめから守ったディエゴ。

ショートフィルムの最後には、「あなたは親友の為に何が出来るだろうか?」のコピーが流れる。

 

人種・セクシャリティーを超えた多様性を尊重するコカ・コーラ社ならではの、素晴らしいキャンペーン動画だ。

 

RECOMMENDオススメ記事

FASHION

カルバン・クライン ジーンズ史上初、同性カップルをイメージした広告キャ

LOVE

親が息子の誕生日にゲイアプリを勧める!?ジャックドのキャンペーン動画が

LGBT

【動画】インドで初となるレズビアン広告が話題に

LGBT

ゲイの献血解禁を訴えるキャンペーン動画が凄い!

ENTERTAINMENT

ネオン・トゥリーズの新曲MVで、タイラー・グレンとダスティン・ランス・

LGBT

【動画】ブラジル化粧品ブランドが美しいゲイCMを公開