iPhoneアプリの歴代収益ランキングが発表。9位にグラインダーがランクイン

October 3rd, 2015

 

iPhone&iPad用アプリの歴代収益ランキングTOP10がApp Annieより発表された。

スカイプや、Spotify(スポティファイ)など、世界的有名なアプリが上位を占める中、日本からは2位・10位にLINEアプリがランクイン。

 

驚くべきは、ゲイアプリのグラインダー(Gridr)が第9位にランクインしている点だ。

2009年に登場したグラインダーは、世界192カ国で展開され、全世界会員数1050万ユーザーに登る。

これまで収益情報は非公開だったグラインダー社だったが、8月の「アシュレイ・マディソン」ハッキング事件に巻き添えをくらい、同アプリの経済状況がリークした。

関連記事>>ゲイアプリのグラインダー、年間46億円の収益情報が外部にリーク

 

リーク内容によると、2015年の推定収益は約46億円(38,000万ドル)といわれている。

ゲイアプリの草分け的存在であるグラインダーが歴代収益TOP10にランクインしているのは大変興味深いが、その他にも出会い系アプリ2つ(Zoosk、Badoo)がTOP10にランクインしている。出会い系アプリは無料ダウンロードで多くのユーザーを獲得し、アプリ内課金にて収益を伸ばしている。

 

以下、iPhone&iPad用アプリの歴代収益TOP10

 

1位 Pandora Radio(アメリカ)

2位 LINE(日本)

3位 Zoosk(アメリカ)

4位 Pages(アメリカ)

5位 Spotify(イギリス)

6位 Badoo(イギリス)

7位 スカイプ(ルクセンブルク)

8位 MLB.com At Bat(アメリカ)

9位 Grindr(アメリカ)

10位 LINE PLAY(日本)

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

トロント、ゲイアプリが駅内に広告ポスターを設置し物議を醸す

LGBT

ゲイアプリのグラインダー、年間46億円の収益情報が外部にリーク

LOVE

親が息子の誕生日にゲイアプリを勧める!?ジャックドのキャンペーン動画が

LGBT

マイリー・サイラス、ヴィクトリアズ・シークレットモデルとの交際を明らか

ENTERTAINMENT

ゲイアプリのジレンマを描いた、AYERのミュージックビデオが公開

ENTERTAINMENT

マドンナとチャットできる!?新キャンペーンがスタート