アップデートされたWindows10で、子供が親にゲイバレするかも?

August 29th, 2015

 

 

8月28日から新しくアップデートされたWindows10の新機能にて、カミングアウトをしていないLGBTの若者のセクシャリティが、親にバレされる可能性が出てきた。

 

米メディアGay Star Newsによると、アップデートされたWindows10の新機能では、子供たちのデバイス使用状況を親が定期的に受け取れるといったものだ。

デバイスの使用状況とは、PCの閲覧時間、アクセスしたウェブサイト、使用したゲームやアプリ名や詳細、検索エンジン(ヤフー、グーグル等)で検索したワードなど、それら全ての情報が親宛にアクティビティレポートとして定期的に送信してくれる。

 

子供たちが安全にPCを利用できる為の新機能ではあるが、そのいき過ぎた機能に子供のプライバシーの観点から懸念の声が挙がっている。

 

特にLGBTの10代であれば、自身のセクシャリティに関する情報をネットに求める傾向が高い為、Windows側で勝手に「あなたの息子さんはゲイサイトを閲覧していました。Googleではゲイに関するワードを多数調べています」なんて親に報告されたらたまったものではないだろう。

 

特に先日イギリスの調査では若年層の約半数は自身をバイセクシャルと自認しているという調査結果も発表されており、性に揺らぐ若者たちがネットを最大限活用するのは言わずもがな。

本人の意図しないカミングアウト(アウティング)を避けることは、10代のLGBTを救うことに繋がるのではないだろうか?

 

なお、Windows10新機能に関しては、日本語版公式サイトで詳細を確認できる。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ジョニデの娘リリー・ローズが、「自身のセクシャリティを特定しない」とカ

LGBT

英ラグビーのスター選手キーガン・ハーストがカミングアウト。妻子持ちで「

LGBT

現役野球選手としては初!米MLB所属のデヴィッド・デンソン選手がカミン

ENTERTAINMENT

歌手スコッティ・ダイナモが、新曲ビデオにてカミングアウト!

LGBT

【総集編】LGBTスポーツ選手まとめ

ENTERTAINMENT

カミングアウトの苦悩を描く『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビ