エル・ファニングがトランスジェンダー役に。話題作『アバウト・レイ』日本公開が決定

November 16th, 2015

 

女優エル・ファニング(17)が、トランスジェンダー役を演じる話題作『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本公開が決定した。来年1月22日より全国劇場公開される。

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』は、女性から男性へと性別適合手術を望むトランスジェンダーを描くLGBT映画。主人公レイと、その母親であるシングルマザー、レズビアンの祖母、三人三世代の心境の変化を描くストーリーとなっている。

キャストには、主演のエル・ファニングほか、ナオミ・ワッツがシングルマザー役、スーザン・サランドンがレズビアンの祖母を演じた。

 

 

今回、髪を短くし体当たりで役に挑んだファニングは、「これまで演じたどの役よりも誇りに思っているし、レイという男の子が大好き。」とコメントしている。

 

また、同映画は2006年に大ヒットしアカデミー賞2部門に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が担当。

9月より全米公開し大きな反響を得ているだけに、来年の日本公開が待ち遠しい。

 

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

 

女優エル・ファニング(17)が、トランスジェンダー役を演じる話題作『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本公開が決定した。来年1月22日より全国劇場公開される。

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』は、女性から男性へと性別適合手術を望むトランスジェンダーを描くLGBT映画。主人公レイと、その母親であるシングルマザー、レズビアンの祖母、三人三世代の心境の変化を描くストーリーとなっている。

キャストには、主演のエル・ファニングほか、ナオミ・ワッツがシングルマザー役、スーザン・サランドンがレズビアンの祖母を演じた。

 

 

今回、髪を短くし体当たりで役に挑んだファニングは、「これまで演じたどの役よりも誇りに思っているし、レイという男の子が大好き。」とコメントしている。

 

また、同映画は2006年に大ヒットしアカデミー賞2部門に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が担当。

9月より全米公開し大きな反響を得ているだけに、来年の日本公開が待ち遠しい。

 

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

トランスジェンダー美女コンテスト、フィリピン代表が栄冠に輝く

LGBT

クリスマスソング『ママがサンタにキスをした』のレズビアン版動画

LGBT

世界初『トランスジェンダーのビール』が誕生

ENTERTAINMENT

ベン・ウィショーがゲイのスパイ役に。英ドラマの予告編が公開

FASHION

マーク・ジェイコブス「女装とトランスジェンダー」の違いを語る

LGBT

トランスジェンダー男性、3年間自撮りし「女の子から男になるまで」をまと