“今”を生きるすべての人に贈る、橋口亮輔監督7年ぶりの最新作『恋人たち』

September 28th, 2015
©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

 

映画『ぐるりのこと。』で知られるオープンリーゲイ監督、橋口亮輔監督の7年ぶりの最新作『恋人たち』が2015年11月14日(土)より劇場公開される。

 

ストーリーは、通り魔事件で妻を亡くした男、そりが合わない姑と無関心な夫と暮らす平凡な主婦、ゲイの完璧主義エリート弁護士を中心に、それぞれの愛を描いたヒューマンドラマ。

 

本作は、松竹ブロードキャスティングによる俳優発掘プロジェクトの1本で、主演のアツシ役篠原篤、平凡な主婦・瞳子役の成嶋瞳子、ゲイのエリート弁護士役の池田良と、主要キャスト3人がオーディションによって選ばれた新人俳優が演じる。

その他キャストには、リリー・フランキーをはじめ、安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈といった個性豊かな俳優陣が集結。

 

「今を生きるすべての人に贈る、絶望と再生の物語」とのコピーから見て取れるように、現代人の絶望と希望を橋口監督ならではの繊細さで描く。涙なしには見られない、心を揺さぶられる珠玉の人間ドラマは必見だ。

 

 

 

 

『恋人たち』

2015年11月14日(土)テアトル新宿、テアトル梅田ほか全国ロードショー

公式サイト

監督:橋口亮輔

キャスト:安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、山中聡、木野花、光石研 ほか

©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

同性婚で訪れた危機とは?話題のゲイ映画『人生は小説よりも奇なり』公開決

LGBT

橋口監督が新作『恋人たち』を語る。二丁目でトークショーを開催

ENTERTAINMENT

ベネチア国際映画祭、ゲイ映画がグランプリに輝く

ENTERTAINMENT

人生に迷う大人たち必見の映画『しあわせへのまわり道』が劇場公開

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画『ブロークバック・マウンテン』風のミュージックビデオが話題

ENTERTAINMENT

カミングアウトの苦悩を描く『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビ