October 17th, 2017

ハッテン場をテーマにした映画『サウナの夜に』。関西クィア映画祭で日本初上映

アメリカのLGBT映画祭を席巻したゲイ映画『サウナの夜に』が、10月27・28日に京都で開催される「関西クィア映画祭」にて日本初公開されることが分かった。

 

 

 

 

『サウナの夜に(原題:Spa Night)』は、オープンリーゲイの映画監督アンドリュー・アンによる初の長編映画。

 

韓国系アメリカ人のアンドリュー・アンは、これまで、「Andy(原題)」「Dol(原題)」といったショートフィルムを発表しており、ロサンゼルスのLGBT映画祭にて脚本賞を受賞した経歴をもつ。

自身初の長編映画である『サウナの夜に』は、自身のルーツやアイデンティティを反映した作品。

 

物語の主人公デイビッドは、在米コリアン2世。

両親はコリアン料理店を経営し、移民として苦労しつつも、同胞達と助け合いながら育ててくれた。ところが、両親の店が潰れてしまい、デイビッドは常連として通っていたサウナで働き始める。コリアン同胞達にとっての憩いと交流の場として、そしてハッテン場として、2つの顔を持つサウナでデイビッドが取る行動とは──。

以下予告編。

 

 

 

 

『サウナの夜に』は、毎年恒例となった関西地域のLGBT映画の祭典「関西クィア映画祭」にて日本初上映される。

また同作品以外にも、日本初上陸の貴重なLGBT映画を多数上映するそうなので、関西圏の人はぜひ足を運んでみて。

 

関西クィア映画祭|公式サイト

 

『サウナの夜に』(京都会場オープニング作品)
10/27(金)開場11:10(開演11:30)
10/28(土)開場22:55(開演23:15)
会場:京都大学西部講堂(〒606-8317 京都市左京区吉田泉殿町)

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイ映画『トム・オブ・フィンランド』が、アカデミー賞のフィンランド代表

LOVE

エロティックながら強烈なインパクト。抑制された同性愛を描く短編映画「シ

ENTERTAINMENT

ゲイ少年を描いたキュートなアニメ作品、YouTubeで公開中

ENTERTAINMENT

東京のゲイに焦点を当てた短編シリーズ「東京Neighbors」、ウェブ

ENTERTAINMENT

中国の短編ゲイ映画「Clay of Indigo」がYouTubeにて

ENTERTAINMENT

【総集編】世界的有名な「LGBTの映画監督」まとめ