2016/10/30

“オオカミと女”の禁断の愛を描く衝撃作『ワイルド わたしの中の獣』

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

オオカミに欲望を露わにしていく女の姿を描いた衝撃作『ワイルド わたしの中の獣』が12月24日(土)より劇場公開される。

 

 

 %e3%80%8e%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%89%e3%80%80%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%8d%a3%e3%80%8f%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2
(C) 2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

 

オオカミと人間という垣根を超えた愛を描き、既存の倫理観をぶち壊す本作。サンダンス映画祭でプレミア上映された際に、その過激な内容で大きな話題を呼んだ。

 

職場と自宅の往復で無機質な毎日を過ごす主人公・アニア。

ある日、マンション前の森で一匹のオオカミを見つける。初めて触れる野生に心をかき乱されたアニアは、オオカミを自宅の一室に連れ込んでしまう。狭い部屋で暴れるオオカミに命の危険を感じるものの、次第に秘めていた欲望が露わになっていく。いつしか恋人のようにオオカミに接し、“彼”を愛し始めるのだった……。

 

以下、予告編動画。

 

 

 

 

『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のリリト・シュタンゲンベルクが主人公アニアを演じ、メガホンを取ったのは、映画『バンディッツ』などに出演し、女優としても活躍するニコレッテ・クレビッツ。

 

映画『ワイルド わたしの中の獣』は12月24日より新宿シネマカリテほか全国順次公開

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline