2016/11/22

ドイツ、ペンギンの同性カップルが10周年を迎える

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ドイツのブレーマーハーフェン動物園で飼育されているドッティーとジーという2羽のフンボルトペンギンが、ゲイカップルとして10周年を迎えた。

 

 

penguin_640x345_acf_cropped-1

 

 

10年前、動物園は2羽のペンギンが共にオスであることを知らずに飼育していたという。2005年にDNA鑑定を実施したところ、2羽がオスであることと、そのために子どもができないということが判明したという。

 

実は同動物園において、ドテッィーとジーだけが同性カップルというわけではない。飼育されている10組のペンギンのカップルのうち、なんと3組がオスの同性カップルだそうだ。

 

同動物は、世界に2000羽ほどしかいないフンボルトペンギンの絶滅を危惧して、スウェーデンから6羽のメスのペンギンを連れてきた。しかし、繁殖の試みは失敗に終わる。

 

同動物園の専属獣医によると「繁殖の試みにも関わらず3組のオスの同性カップルが以前に増して強い恋愛関係を持ち始めた」そうだ。

 

 

penguin2

 

 

ドッティーとジーは、「家族をつくりたい」という意思を表す巣作りを毎年ともに行っている。幸運にも2羽は、2009年に別の母親に捨てられたペンギンの卵を与えられた。

 

2羽は、役割を分担して、父親として卵をかえし、子に食べ物を与えたという。

 

なお科学者によると、地球に存在する450種以上の動物に同性愛の行動が見られるという。

 

関連記事 >> 自然界に存在する、ゲイ&バイセクシャルの動物たち

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline