2018/11/22

ゲイの歴史25年分がつまった「バディ」、25周年記念号を発売へ

平成はじめから終わりまで…永久保存版ですよ!

 

 

 

ゲイ雑誌「バディ」が、創刊25周年となる記念号(2019年1月号)を11月21日(水)に発売した。

お馴染みのゲイ雑誌「バディ」は、1993年に創刊し、今年でなんと25年目!!

 

80年代~2000年代にかけて「薔薇族」「さぶ」「アドン」ら、多くのゲイ雑誌が発行されてきたが、そのほとんどが廃刊しており、現存する紙媒体のゲイ雑誌は「バディ」と「サムソン」の2誌のみ。

 

常にゲイたちのトレンドを作ってきた「バディ」の記念すべき25周年記念号では、25年の歴史が詰まった全268ページ、特大ポスター付きのスペシャル版だ。

 

 

 

 

 

あのマツコも!著名人の豪華お祝いコメントや企画が目白押し

25周年とあって、これまでバディに関わってきた名編集者、著名人が多数のお祝いコメントを寄せている。

そのなかでも目を引くのが、元バディ編集部出身のマツコ・デラックスだ。マツコは1Pまるごとお祝いメッセージを綴っている。

今や時の人となったマツコだが、キャリアの始まりはバディだった。知られざる懐かしの思い出が綴られた内容は必見。

 

また、今となっては伝説のゲイ雑誌を作った大御所4人のスペシャルインタビューを収録。

 

「薔薇族」編集長の伊藤文學、「G-men」初代編集長の長谷川博史、「ファビュラス」編集長の小倉東、「バディ」代表取締役社長の平井孝ら、錚々たる面々が登場!

 

 

 

 

 

おそらく彼らがいなかったら、今日のひらけたゲイカルチャーは無かったのかもしれない。

 

今でこそゲイがネットで顔出したり、テレビにLGBTが出演する時代だが、バディ創刊時の平成初期は状況が異なっていた。

そんな、平成のはじめからゲイコミュニティを見てきた「バディ」によるゲイ史25年分が詰まった一冊は、まさに永久保存版。

 

 

 

 

 

バディは全国のゲイショップ、またはAmazonにて好評発売中。ぜひゲットしてみて!

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline