2018/01/13

世界一大きいペニスを持つ男性、身体障害と認定

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

世界一大きいペニスを持つ男性、ロベルト・カブレラ氏(52)が、「大きすぎるペニスのせいで仕事がままならない」として、政府に身体障害者に認定されたことがわかった。

 

 

ロベルト・カブレラ氏

 

彼のペニスは、なんと通常時48cm!

メキシコ在住のカブレラ氏は、現在世界で最も長いペニスといわれている。

彼はデイリー・スター紙にこう話した。

「私は速く走ることができず、企業側も私の扱いに困っています。他の人のように仕事のユニフォームを着ることさえもままならないです」「面接に行っても、企業は『連絡する』というが、返答が返ってきたことはない」
と、自身のペニスのせいで就業が厳しいことを話した。

 

また彼のかかりつけ医も、大き過ぎるペニスが彼の健康状態を圧迫していると話す。

 

X線で撮影したカブレラ氏のペニス

 

カブレラ氏は、自身の大き過ぎるペニスにより、就業困難や健康上の問題に悩まされていると主張。障害者認定を申請していた。

メキシコ政府は、最初は彼の訴えを却下したが、現在は身体障害として認定したそう。

 

ちなみに、これまで世界一大きいペニスは、アメリカ人男性のヨハン・ファルコン氏の34cmであり、カブレラ氏はそれを大きく上回る巨大ペニスの持ち主だ。

 

彼のペニスを映した動画は以下より。(ペニスの表面にはカバーをしている)

 

 

 

 

──関連記事──

・【動画】ペニスを拡大させ続けるゲイ男性とは?

 

・モンスター級の”モノ”をくわえて気道破裂。ゲイ男性が救急室に運ばれる

 

・男性ホルモン『テストステロン』を増加させる16の方法

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline