2018/01/13

世界一大きいペニスを持つ男性、身体障害と認定

世界一大きいペニスを持つ男性、ロベルト・カブレラ氏(52)が、「大きすぎるペニスのせいで仕事がままならない」として、政府に身体障害者に認定されたことがわかった。

 

 

ロベルト・カブレラ氏

 

彼のペニスは、なんと通常時48cm!

メキシコ在住のカブレラ氏は、現在世界で最も長いペニスといわれている。

彼はデイリー・スター紙にこう話した。

「私は速く走ることができず、企業側も私の扱いに困っています。他の人のように仕事のユニフォームを着ることさえもままならないです」「面接に行っても、企業は『連絡する』というが、返答が返ってきたことはない」
と、自身のペニスのせいで就業が厳しいことを話した。

 

また彼のかかりつけ医も、大き過ぎるペニスが彼の健康状態を圧迫していると話す。

 

X線で撮影したカブレラ氏のペニス

 

カブレラ氏は、自身の大き過ぎるペニスにより、就業困難や健康上の問題に悩まされていると主張。障害者認定を申請していた。

メキシコ政府は、最初は彼の訴えを却下したが、現在は身体障害として認定したそう。

 

ちなみに、これまで世界一大きいペニスは、アメリカ人男性のヨハン・ファルコン氏の34cmであり、カブレラ氏はそれを大きく上回る巨大ペニスの持ち主だ。

 

彼のペニスを映した動画は以下より。(ペニスの表面にはカバーをしている)

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気YouTuberのケミオ(kemio)、ゲイをカミングアウト

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LOVE

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

ENTERTAINMENT

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline