2019/01/18

ピンクのブーツで悪を倒す!?ゲイ版スーパーヒーロー映画が誕生へ

海外ドラマ『Empire 成功の代償』などで知られるオープンリーゲイのプロデューサーのリー・ダニエルズが、ゲイのスーパーヒーロー映画を制作すると発表。海外のSNSで大きな話題になっている。

 

しかも、ピンクのブーツを履いたとある人物が主役に抜擢されるそうだ!

 

 

 

 

彼の名前はドレモン・クーパー(Dremon Cooper)、SNSでは「スーパービッチ」の愛称で親しまれている。

ドレモンは米ワシントンDCでダンス講師をしており役者経験はないのだが、一般人に近い彼をダニエルズは大胆にも抜擢。

 

その理由は、SNSでバズったこの動画を見ると一発で納得するはず。

ピンクのニーハイブーツを履いてアクロバットを披露する姿は圧巻だ!

 

 

 

 

恐るべき身体能力の高さ!!!

ブーツを履いてアクションを決め込む姿はたしかにゲイ版スーパーヒーロー。

 

さらにアクションシーンもお手の物だ。

 

 

 

 

ドレモンとリー・ダニエルズはインスタに動画を投稿。

 

ダニエルズは「みんなは10、12年前に私が言った夢を覚えているだろうか?それはゲイのスーパーヒーロー映画を撮ることだってさ。その夢が叶うんだ!スーパーヒーローを見つけたからね」と意気揚々と語った。

 

 

 

 

リー・ダニエルズといえば、映画『プレシャス』でアカデミー賞6部門ノミネートや、『大統領の執事の涙』ではハリウッド映画祭で監督賞を受賞。最近では人気海外ドラマ『Empire 成功の代償』でエクゼクティブプロデューサーを務めるなど、今やハリウッドを代表する大物プロデューサーだ。

 

そんなダニエルズが長年夢見てきたという「ゲイ版スーパーヒーロー映画」がついに実現!

しかもブーツで悪を倒すオネェ全開のゲイが主役なんて…最高すぎる展開。

 

具体的な映画化のスケジュールは発表されていないが大いに期待したい。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline