2017/12/11

ケヴィン・スペイシー、今度はノルウェー王室メンバーにセクハラ疑惑か

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

セクハラ疑惑が取り沙汰されている俳優ケヴィン・スペイシーに、今度は元ノルウェー王室のメンバーが名乗りを上げました。

 

セクハラを訴えたのは、ノルウェー王女マッタ・ルイーセの元夫で、作家のアリ・ベーンです。

 

 

Photo via : hercampus

 

ベーンによると、10年前にスペイシーがノーベル平和賞の司会を終了した直後、オスロ市内で開かれたイベント会場にて、股間を掴まれたそうです。

 

当時について、ベーンはこう語っています。

「スペイシーは私の隣に座っていました。5分ほどしてから『ちょっとタバコを吸いに行かない?』と言われ、その時にテーブルの下で私の股間を握ったんです」

 

この行為にベーンはとても驚き「まぁ、、後でね」と返答しその場を終えたそう。

「私は寛大なタイプではありますが、あの行為にはショックを隠せませんね」と、ベーンは出演したラジオ番組で語っています。

 

ベーンは、2002年にマッタ・ルイーセ王女と婚約。

『美男美女のロイヤルカップル』として世間からの注目を集めましたが、2016年に離婚しています。

 

 

ノルウェー王女マッタ・ルイーセ(左)|アリ・ベーン(右)

 

今回のスペイシーのセクハラ行為は、ベーンがノルウェー王室時代の時です。

王室メンバーにセクハラを行うという常識を逸したスペイシーの行動に、またもや批難が集中しています。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline