2020/01/02

クィアなエロティックアートも。『エロスの雫』展が開催へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

エロティックアートをテーマにした展覧会『エロスの雫』が、東京・九段下の成山画廊にて、1月18日(土)~2月15日(土)の期間で開催される。

 

 

 

 

本展は、パリ在住でアート・ディレクターの大類信が抱えるコレクションから”EROS(エロス)”を主軸にセレクト。

 

さまざまなエロティックアートを扱っており、クィアな作家も多数参加している点も見どころだ。

 

男性ヌード写真の先駆者であるブルース・オブ・ロサンゼルスから、女性しか撮影しない女性写真家、イリナ・イオネスコ、シュルレアリストで衣装倒錯者のピエール・モリニエらが参加。

 

 

 

 

 

 

プリントからドローイング、シルクスクリーン、さらにはハンドメイドでリメイクしたクローズまで、多彩なエロティックアートを一挙見ることができる。

 

見応えたっぷりの展覧会はぜひともお見逃しなく。

 

『エロスの雫』
会期:2020年1月18日(土)~2月15日(土)
場所:成山画廊(東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビル205号室)
営業時間:13時~19時 
休廊日:水、日曜、祭日

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline