2020/11/06

群馬県が「同性パートナーシップ制度」導入へ。全国3例目

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

群馬県が、同性カップルを結婚相当にみとめる「同性パートナーシップ制度」を県全体として導入することがわかった。都道府県としては3例目となる。

 

 

ぐんまちゃん

 

11月4日、山本知事が発表した内容によると、県が公的な証明書に当たる宣誓受領証を発行。法的効力はないものの、現在は制限されている県営住宅での同居、病院の面会などが可能になる。

 

これまでの県営住宅は、同居は親族のみに限定されているため同性パートナーは対象外だったものを、宣誓受領証があれば可能に。

 

また、新婚への特典としておこなっている「ぐんま結婚応援パスポート」も適用。

これは群馬県内を中心とする飲食店や理美容店、金融機関など約1500店で割引や特典などのサービスを受けられるという。

 

開始時期は未定だが、県レベルで制度の導入を決めたのは素晴らしい。

 

同性パートナーシップ制度を都道府県で導入しているのは、大阪府、茨城県。今回の群馬県はつづく3例目となった。

全国に目を向けると約60もの自治体で導入されている。

 

SPECIAL

「痛い… 切れやすい…」悩めるウケにおくる10のアドバイス

台北を飛び出して南へ!台南旅行で体験したい4つのこと

心がザワついた時に…「マインドフルネス」を実践しよう!

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

ゲイが子供を持てる日がくるかも?未来の出産映像が話題に

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LOVE

アナルの「ケア」ちゃんとしてる?意外と知らないセックス後のケア

LGBT

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

LOVE

HIV/エイズを終わらせるには、どうすればいいの?

BEAUTY

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline