2020/11/06

群馬県が「同性パートナーシップ制度」導入へ。全国3例目

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

群馬県が、同性カップルを結婚相当にみとめる「同性パートナーシップ制度」を県全体として導入することがわかった。都道府県としては3例目となる。

 

 

ぐんまちゃん

 

11月4日、山本知事が発表した内容によると、県が公的な証明書に当たる宣誓受領証を発行。法的効力はないものの、現在は制限されている県営住宅での同居、病院の面会などが可能になる。

 

これまでの県営住宅は、同居は親族のみに限定されているため同性パートナーは対象外だったものを、宣誓受領証があれば可能に。

 

また、新婚への特典としておこなっている「ぐんま結婚応援パスポート」も適用。

これは群馬県内を中心とする飲食店や理美容店、金融機関など約1500店で割引や特典などのサービスを受けられるという。

 

開始時期は未定だが、県レベルで制度の導入を決めたのは素晴らしい。

 

同性パートナーシップ制度を都道府県で導入しているのは、大阪府、茨城県。今回の群馬県はつづく3例目となった。

全国に目を向けると約60もの自治体で導入されている。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline