2020/01/01

史上初、紅白がレインボーに染まる!MISIAがトリで快挙

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

年末に行われた紅白歌合戦にて、紅組のトリにMISIAが出演。

そこでLGBTサポートの意味をもつレインボーフラッグを掲げ絶賛の嵐になっている。

 

 

 

 

今回、初の紅組トリという大役を務めたMISIA

「アイノカタチ」からスタートし、「INTO THE LIGHT」「Everything」と3曲メドレーを披露。

 

Everything」では、バックダンサーとしてドラァグクイーンが多数登場!

そしてDJ陣には、ゲイナイトにも出演経験をもつ大御所のDJ EMMA、台湾人でDJ世界大会で初の女性ファイナリスト、かつレズビアンを公表しているDJ Noodles2人が登場。「Everything」のクラブリミックスを披露し会場を沸かせた。

 

そしてラスト。

MISIAの背後にはレインボーフラッグがデカデカと映り、紅組・白組を映したカメラには、アーティスト全員がレインボーフラッグを手に持ち振るという、紅白がレインボーに染まった瞬間となった。

 

 

 

 

これは紅白はもちろんのこと、日本のTV史上、国民的音楽番組でLGBTが大々的にフィーチャーされた初の快挙!

 

MISIAといえば、ライブでは必ずドラァグクイーンを従えることで知られており、また先日開催されたライブプライドのステージに登場するなど、約20年近くにわたりLGBTフレンドリーなアーティストだ。

 

紅白の中で「LGBT」という言葉自体はなかったものの、サポートの意味を掲げた素晴らしいステージとなった。

 

関連記事|ユーミン、LGBTQへメッセージ「みんなユニークな孤独がある」

 

そしてMISIAだけでなく、今年は氷川きよしにも大きな注目が集まった。

 

 

 

 

先日のレコード大賞では「自分らしく輝くことが一番大切。人にどう思われるかじゃなくて、自分がどう生きたかが、この人生で一番大事なこと」と語っており、セクシュアリティへの言及はしていないものの、クィアであることを認める趣旨の発言をしている。

 

そんな氷川きよしは、紅白のステージにて紅と白の半分づつの着物で登場。

そのあと早着替えで、黒く輝くステージ衣装にチェンジ。黄金の龍に乗り、ヘドバンしながら「限界突破×サバイバー」を熱唱!

会場から割れんばかりの大喝采をあびた。

 

紅白という大舞台でLGBTサポートのメッセージを届けたMISIA、そして、紅=女、白=男、というジェンダーの枠を超越し「自分らしさ」を訴えた氷川きよし。

 

ネットでは二人を絶賛する声が多く投稿されている。

 

*1/2 記事内の一部を訂正しました。 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline