2020/01/16

大阪府、同性カップル向けの「パートナーシップ制度」開始へ。都道府県規模では2例目

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

大阪府にて、同性同士のパートナーを公的に認める「パートナーシップ制度」が、1月22日からスタートすることが分かった。

 

大阪府の吉村知事が15日の定例会見にて発表。

 

大阪府では、大阪市や堺市など5自治体ですでにパートナーシップ制度を導入済みだが、今回は大阪府全体(882万人以上)をカバーする大規模な発表だ。

 

導入に際して知事は、「本当は自治体というよりも国が率先してやるべきで、国の取り組みが不十分だと思っている」「国が発信していくべきで、それを国がやらないのであれば、まずは府でできるところからやっていく」と明言。LGBTをサポートするメッセージを届けた。

 

 

吉村知事 Photo via lmaga.jp

 

今回のパートナーシップ制度により、同性パートナーとの府営住宅での同居や、病院での同意書にサイン&集中治療室の面会、また民間企業によるさまざまなサービス(保険、不動産など)が受けられる。制度を求める同性カップルにはメリットが大きい。

 

都道府県規模のパートナーシップ制度の導入は、茨城県に続いて全国2例目となる。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ライアン・マーフィーが手がける圧巻のミュージカル映画『ザ・プロム』が絶賛配信中

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

同性カップルも登場。パナソニックがCMで「普通」を問いかける

BEAUTY

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

LOVE

どうすれば「交際半年」の壁を越えられるの?

BEAUTY

コロナ疲れには「運動」が効果的。話題のヘルシーなガジェット&サービス

CULTURE

息子が連れてきた婚約者は「男」だった。同性婚をめぐるドタバタ・コメディ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline