2020/02/21

独身女子と中年ゲイの「友情婚」ってどうなの? 能町みね子に聞いた

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ゲイと独身女子の間で交わされる定番の会話といえば「お互い独り身だったら結婚しようね」だろう。しかしそれを実践している人はほぼ見ない。

 

そんな、ゲイと女子の「友情婚」を実践して話題を呼んでいるのが、作家の能町みね子さんと、ゲイライターのサムソン高橋さんだ。

 

先日発売された能町みね子さんの新著『結婚の奴』(平凡社)では、不思議な夫婦”生活があけすけに描かれている。気になるその実態について、能町さんに話を聞いた。

Text : Makito Uechi
Photo : EISUKE

 

 

30代後半、突如訪れた「結婚ブーム」

能町みね子さんといえば、トランスジェンダー女性としての体験記をつづったエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)で作家デビュー。

その後は『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビ)をはじめ、テレビ、ラジオ、雑誌コラム等で幅広く活躍中。

 

そんな能町さんは、37歳初夏、猛烈に「結婚ブーム」が訪れたという。

 

「最初は結婚というより、誰かと同居したい”と思ったんです。一人でいると仕事効率が悪いんですよね。生活リズムがどんどん乱れて、毎日朝45時に寝る生活。誰かと同居して見張って欲しかったんです」

 

いわゆる恋愛的な結婚ではなく、生活リズムを整えるための同居(結婚)であれば、友達とルームシェアするなどでもいいのでは?

 

「当時37歳だったので、女友達となると、すでに家庭を持っていたり、独身でもいつか結婚して離れるかもしれないと。そんなとき急に『結婚ってどうだろう?』と思いついたんです。生活の効率さを重視して、手段としての結婚”って面白いかなと思いました」

 

本作『結婚の奴』にも詳しく書かれてあるが、能町さん自身、恋愛が向いていないという自覚があった。

そこで、恋愛に基づいた結婚ではない友情婚を思いつく。

 

ちょうどその頃、作家の中村うさぎさんが、ゲイと結婚しているニュースを耳にした。「こういうスタイルがあるんだ」と、これがゲイとの結婚を考えるきっかけになったという。

 

「中村さんの例を知った時、何人か知人のゲイを頭の中で思い浮かべたんです。そしたらパッとサムソンさんを思い付いて。元々ツイッターでやり取りしていたし、話が合いそうだなと」

 

「本人はモテないモテない言ってるし、固定のパートナーを作る気もなさそう。私と同じぐらい恋愛に冷めきっている感じがありますし、同居相手としては最適かなと、いう感じですね」

 

著書では、顔見知り程度だったサムソンさんに狙いを定め、徐々に距離を詰めていく様子が鮮明に描かれている。

面白いのが、アンチ恋愛結婚”だった能町さんがサムソンさんに対する行った数々のアプローチは、結果として恋愛っぽくなっているということだ。これはぜひ本にて。

 

現代の“恋愛至上主義”に違和感を感じてきた

そもそも、なぜ能町さんがここまでドライな結婚観を持っているのか?

著書では、その独自の恋愛観をつづったパートも印象的だ。

 

現代は「恋愛至上主義」であり、世の中には恋愛ソングがあふれ、ドラマ、映画、雑誌では「恋愛こそ人間最大の喜び」かのように喧伝している。

能町さんはそこにフィットしていない自分に疎外感を抱いてきた。

 

「(恋愛は)コンプレックスでしたね。モテないコンプレックスとはまた違う、恋愛に完全に乗り切れないという感覚。『好き』っていう気持ちはちょっとある。ただ『好き』という感情が一般的に10だとしたら、自分には3以降がない感じ。いつか10になるのかな?と思っていました」

 

多くの人は恋愛的な生きづらさを感じても、「自分が非モテなだけ」と片付けてしまうだろう。

能町さんがユニークなのは、恋愛至上主義な社会通念を疑い、実際にさまざまな恋愛を実行&検証してきたことだ。

 

その結果として、最終的に「自分には恋愛が向かない」と判断。

恋愛をすっ飛ばし、効率手段としての「結婚」を選択することになる。

 

 

のタイトルは「ジェラートピケ」「ハーゲンダッツ」などすべて7文字に。一見可愛い言葉が並ぶが、内容はシビアでドライなエッセイ。そのギャップが面白い。

 

友情婚は「やっちゃった方がいい」

恋愛感情の一切ない、効率重視の「結婚」を選択した能町みね子×サムソン高橋の夫婦。

結婚して丸2年経ったが、結婚前と今を比べてどうだろうか?

 

「前は45時に寝てたのが、1時ぐらいには寝るようになって(結婚前と比べて)生活効率が良くなりましたね。あとサムソンさんが毎日朝ごはんを作ってくれるんですよ。以前は朝ごはんを食べるなんてほぼ無かったのが、今はちゃんと朝起きて、ごはんを食べてから仕事に出かける──ちゃんと生活しているな…!という感じです」

 

日々小さな幸せを感じていると話す能町さん。

 

意外なのが、家事の95分をサムソンさんが担当していること。

 

「サムソンさんは元々料理をする方ですが、同居してから料理のレパートリーが増えたと思う。餃子からパエリア、ローストビーフなど、けっこう手間かかる料理も作りますね。クッキーかぼちゃプリンなんかのデザート系も。あとは毎日スムージー作っていて、今朝も朝飲んできました」

 

夜型で不健康そのものだったが、驚くほど健康的で充実したライフスタイルに変化。

 

「私は料理を全くしないので台所は任せっきり。なので何がどこにあるかわからなくて、アルミホイルさえ場所がわからない…。昭和のお父さんみたいな感じになってます」

 

ちなみにサムソンさんといえば、著書『世界一周ホモのたび』(ぶんか社)でも描かれる自堕落で非モテキャラが有名なだけに、健康で家庭的なライフスタイルのギャップには驚く。

 

能町さんは結婚によりライフスタイルが大きく改善されたが、サムソンさんは結婚についてどう思っているのだろうか?

 

「本人的には『どうでもいい』と。誰かいてくれた方が効率は良いし、あんまり働きたくないからお金くれるなら喜んで、という感じです(笑)」

 

どこまでもサムソンさんらしい回答だ。

 

 

 

 

最後に、独身女子とゲイの「友情婚」を考えている人にアドバイスをもらった。

 

「身もふたもないですが、『一人より二人の方が効率良いよ』と言いたいですね。自分を律して生活できる人なら問題ないですが、一人だとだらしなくなるタイプや、固定したパートナーがいなくてもいいと思っている人ならいいのかも。(生活するなら)誰かいた方がいいですね」

 

3040代の独身女子やゲイでもあると思いますが、『お互い独り身だったら、結婚しようね』という口約束は飲みの場では必ず出ますよね。でも言うだけでやる人はまずいない。私は『やればいいのに』と」

 

能町さんは、自身の恋愛についてさまざまな角度から検証してみたり、今回のサムソン高橋さんとの結婚など、その実行力はハンパない。

 

「行動あるのみ、みたいなところはありますね」と締めくくった。

 

ゲイと女子の友情婚。

ありそうで意外とない、その貴重な例として、気になる人はぜひ本作をチェックしてみて。

 

能町みね子『結婚の奴』(平凡社)|Amazon

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

あなたの裏の顔は?「悪女度」診断

悪女たちの頂上決戦…!「ウェントワース女子刑務所」がドハマり不可避

ドラァグレース・ファン必見。クイーンだけの写真集『WHY DRAG?』が発売

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

ちょっとのコツで一気にお洒落に。彼氏を呼びたくなる部屋づくり

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

あなたの裏の顔は?「悪女度」診断

CULTURE

ドラァグレース・ファン必見。クイーンだけの写真集『WHY DRAG?』が発売

CULTURE

悪女たちの頂上決戦…!「ウェントワース女子刑務所」がドハマり不可避

CULTURE

今年はゲイ映画が豊作!公開中のオススメ3作品を紹介

LIFESTYLE

ちょっとのコツで一気にお洒落に。彼氏を呼びたくなる部屋づくり

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline