2019/09/06

エイズで死去したフレディに捧ぐ、感動的なアニメーションが公開

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリー。

91年にエイズで死去した彼だが、フレディが生きていたら73歳だ。

 

そんなフレディの誕生日(9月5日)に、クイーンのレコード会社ユニーバーサルミュージックが感動的なアニメーション動画を公開した。

 

 

 

 

85年に発売したフレディのソロアルバムからの一曲「Love Me Like There’s Not Tomorrow(明日なき愛)」のミュージックビデオだ。

 

フレディがエイズの病に侵されるというストーリーをアニメーションで描いている。まずはMVを見てほしい。

 

 

 

 

アニメーションを手がけたのは、2017年にゲイ少年を描いた短編アニメ「In A Heartbeat」を手がけたエステバン・ブラーボとベス・デヴィッドのコンビ。

 

2人は、「フレディのストーリーをみんなに伝えたかった。だけど、明確に語っているわけではありません」と語る。

 

動画内のキャラクターを2つの”白血球の間のラブストーリー”に例えており、1つはHIVウイルスに侵されるも、最後は病気に打ち勝つ様子を描いている。

フレディはエイズで死去したが、この内容はハッピーエンドで描かれている。なぜなのだろうか?

 

「LGBTQコミュニティは、HIV/エイズの治療について長年戦ってきました。その戦いにより数百万人の命が救われてきました。動画ではその勝利を描きたかったのです」

 

そう語るように、フレディをモチーフにしたキャラクターはHIVウイルスで瀕死状態に陥るが、パートナーの愛で死の淵から生還し、最後は二人そろって年老いていくというハッピーエンドで描かれている。

 

これは医療の発展により、たとえHIVウイルスに感染していても「正しく治療をすれば死ぬことはない」というメッセージを含めているからだ。

*HIV陽性者であってもウイルスが検出限界以下ならパートナーに移すことはない。これを「U=U」という。詳しくはこちら

 

不治の病として恐れられたHIV/エイズを描きつつも、それから30年が経ち、「HIVで死ぬことはない、幸せに生きることができる」という価値観にアップデートされた素晴らしいアニメーションだ。

 

関連記事|フレディ・マーキュリーとその恋人、二人の仲睦ましいカップル写真

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline