2019/09/06

エイズで死去したフレディに捧ぐ、感動的なアニメーションが公開

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリー。

91年にエイズで死去した彼だが、フレディが生きていたら73歳だ。

 

そんなフレディの誕生日(9月5日)に、クイーンのレコード会社ユニーバーサルミュージックが感動的なアニメーション動画を公開した。

 

 

 

 

85年に発売したフレディのソロアルバムからの一曲「Love Me Like There’s Not Tomorrow(明日なき愛)」のミュージックビデオだ。

 

フレディがエイズの病に侵されるというストーリーをアニメーションで描いている。まずはMVを見てほしい。

 

 

 

 

アニメーションを手がけたのは、2017年にゲイ少年を描いた短編アニメ「In A Heartbeat」を手がけたエステバン・ブラーボとベス・デヴィッドのコンビ。

 

2人は、「フレディのストーリーをみんなに伝えたかった。だけど、明確に語っているわけではありません」と語る。

 

動画内のキャラクターを2つの”白血球の間のラブストーリー”に例えており、1つはHIVウイルスに侵されるも、最後は病気に打ち勝つ様子を描いている。

フレディはエイズで死去したが、この内容はハッピーエンドで描かれている。なぜなのだろうか?

 

「LGBTQコミュニティは、HIV/エイズの治療について長年戦ってきました。その戦いにより数百万人の命が救われてきました。動画ではその勝利を描きたかったのです」

 

そう語るように、フレディをモチーフにしたキャラクターはHIVウイルスで瀕死状態に陥るが、パートナーの愛で死の淵から生還し、最後は二人そろって年老いていくというハッピーエンドで描かれている。

 

これは医療の発展により、たとえHIVウイルスに感染していても「正しく治療をすれば死ぬことはない」というメッセージを含めているからだ。

*HIV陽性者であってもウイルスが検出限界以下ならパートナーに移すことはない。これを「U=U」という。詳しくはこちら

 

不治の病として恐れられたHIV/エイズを描きつつも、それから30年が経ち、「HIVで死ぬことはない、幸せに生きることができる」という価値観にアップデートされた素晴らしいアニメーションだ。

 

関連記事|フレディ・マーキュリーとその恋人、二人の仲睦ましいカップル写真

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

職場での「ホモネタ」が法律で禁止に

LOVE

6月は「HIV検査週間」 この機会にHIV検査をしよう!

LOVE

いまさら聞けない「シャワ浣」パーフェクトガイド

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LOVE

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline