2020/05/26

PrEPよりも強力な「注射型」のHIV予防薬、近い将来に実用化へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

HIV予防法「PrEP(プレップ)」を行う人が全世界的に増えているが、それと同等、もしくはより強力なHIV予防薬の研究が進められている。

 

 

 

 

大手製薬会社「GSK」が、開発中の新薬「カボテグラビル(Cabotegravir)」の研究結果を発表した。

これは2ヶ月ごとに摂取する、長期持続型のHIV予防薬だ。

 

現在世界中で使われているHIV予防法「PrEP」は、「ツルバダ」や「デシコビ」(またはそのジェネリック品)を服用する方法。HIV予防効果は99%といわれており非常に高い。

 

しかし新薬「カボテグラビル(Cabotegravir)」では、既存のPrEPよりも69%も高い予防効果があることがわかった。

 

臨床実験では、北米、南米、アフリカ、アジアのMSM(男性とセックスする男性)4,600人以上もが参加している。

 

この新薬は、市場に出る前にいくつもの承認プロセスが必要だが、薬の安全性監査する委員会(DSMB)によると、「HIV予防に非常に効果的」と高いレビューを出している。

 

科学者も期待する高い予防効果

同研究の共同主任研究者であるマイロン・S・コーエン氏は、新規HIV感染者を減らすために新薬を開発したと話している。

 

「新規感染者数を減らすために、経口錠剤(PrEP)にくわえて、たくさんの予防の選択肢があると信じています」

「2ヶ月ごとに投与する新薬(カボテグラビル)が承認された場合、HIV感染を減らし、HIV蔓延を終わらせるのに役立つ可能性があります」とのべた。

 

また、GSKと共同で新薬開発をおこなっている製薬会社「ヴィーヴ・ヘルスケア」の研究開発責任者であるキンバリー・スミス氏も、この試験結果を高く評価した。

 

「カボテグラビルの高い有効性だけでなく、HIVによって最も不釣り合いに影響を受けているコミュニティ(米国の黒人MSM、若いMSM、トランスジェンダー女性)においても高い有効性を示したため、新薬の実現にむけて非常にワクワクしています」とのべている。

 

PrEPは毎日(もしくは行為前後に)服用する必要があったが、注射型が登場すれば、2ヶ月に1回クリニックで注射するだけでOK。

普段の手間や飲み忘れが減り、かつ予防効果がPrEPより高いとあって、将来的にかなり普及しそうだ。

 

関連記事|日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LGBT

米の都市、ポリアモリー(複数恋愛)を公的に認める

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

CULTURE

たった一度のキスでゆらぐ“友情と恋”。グザヴィエ・ドランの新作が9月公開

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline