2020/06/16

どうしてもヤリたい場合は…どうすればいいの!?〈コロナ時代のセックスガイド〉

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

コロナによりゲイたちのセックスライフは大きく変わってしまった。

 

自粛期間中はオナニーをした方がいいのは分かっている。

 

だがしかし、「どうしても、どうしても、どうしても…セックスがしたい!!!」となった場合はどうすれば良いのだろうか?

そんな人にために、ニューヨーク市保健局が「コロナ中のセーファーセックスガイドライン」(HP)を発表し話題になっている。

 

その中から、できる限りリスクを減らしながらセックスをする方法を抜粋して紹介。

 

本記事は新型コロナウイルスに関連する内容を含んでいます。新型コロナウイルスについては、厚生労働省首相官邸など公的機関で発表されている最新情報をご確認ください。

読者のみなさんへ

 

個人ができるセーファーセックス

 

親しい人/限定した人とだけセックスをしよう

セックスをする際、最も安全なのは同居しているパートナーだ。

もしそれ以外の人とセックスする場合は、できるだけ限定した人とした方がよい。

 

キスをせずに、マスクなど顔を覆うものをつけよう

新型コロナウイルスは飛沫感染するので、キスで簡単に移ってしまう。キスはしない方がベター。

 

そして行為中はフェイスカバーやマスクを付けるのは効果的。

この際、フェティッシュなマスクや、覆面マスクを着用したりして、ふだんとは違うセックスを楽しむのもアリだ。

 

 

 

 

激しいあえぎ声や呼吸はひかえる

激しいあえぎ声や荒い呼吸は、飛沫感染の可能性が高まるのでひかえた方がいいそう。

なるべく声を押し殺した「サイレントセックス」が理想かも?

 

ケツ舐めはひかえる

新型コロナウイルスは便からの感染が確認されているので、特にこの時期はケツ舐めはひかえてほしい。

 

コンドームは効果的

新型コロナウイルスは、便、唾液、精液(*)から感染の可能性があるとされている。

 

なので、アナルセックス以外でもコンドームをすることは効果的。

たとえばフェラする際にコンドームを付ける、いわゆる「ゴムフェラ」は良い。

*精液からの感染事例はないが、現在疑いがあるとされている。
*新型ウイルスが、膣またはアナルセックスによって感染するかどうかはまだ分かっていない。

 

相互オナニー、壁越しのセックスを推奨

ガイドラインの中で紹介されている安全なセックスは、「相互オナニー」と「壁越しのセックス」だ。

 

なるべく顔が近づかないよう、一定距離離れた相互オナニー(2m離れたズリ合い?)だと、シュールではあるが感染リスクは少ない。

 

そして壁越しのセックスも、唾液が飛ぶことがないので安全性は高い。

壁越しでオナニーしあったり、グローリーホールでのプレイは比較的安全かも?

 

 

 

 

行為の前後は手を洗う

こちらは基本中の基本。セックスの前後は石鹸とお湯をつかい、少なくとも20秒間は手を洗おう。

 

また、おもちゃを使う場合もしっかり洗って、使い回しはひかえよう。

 

セックス前、相手に「症状がないか」確認しよう

ふだんのセックスで、相手とセーファーセックス(コンドーム、PrEP、U=Uなど)について確認する人も多いはず。

コロナ時代の「新しい生活様式」では、それにプラスアルファとして「相手に体調や症状がないか」を確認しよう。

 

いま、もしくは過去14日間で、これらの症状がないか確認してみて。

もしあると言われた場合はセックスを断ろう。

 

・発熱

・せきが出る

・ノドが痛む

・呼吸が苦しい

 

複数の場合に気をつけたいこと

複数とセックスする場合、感染リスクが高いことは言わずもがな。もちろんしない方がいい。

 

もし、どうしても、どうしても・・・複数でしたい場合、感染リスクを減らすポイントが紹介されている。

 

・誘う人数は少なめに。

・その都度相手を変えるよりも、親しい人とだけセックスする。

・会場は広くて喚起された場所で行う。

・アルコール消毒を持参しよう。

・キスは避け、目、鼻、口を触るのをさける。

・マスクなど顔を覆うものを付けよう。

 

体調不良、基礎疾患がある人、65歳以上はセックスをひかえた方がよい

もし、セックス当日に体調不良を感じているのならセックスはやめよう。

 

また、65歳以上の人、または基礎疾患がある人は、新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性があるのでセックスをひかえたほうがよい。

基礎疾患の例は以下。

 

肺疾患、肝疾患、腎臓病、喘息(中度~重度)、心臓病、糖尿病、肥満、がん、免疫力が低下している人(HIV陽性の人でCD4の数値が少ない人など)

 

***

 

コロナ時期はセックスひかえることが大事。

 

しかしながら「どうしても…!」という時は、これらのポイントをふまえて、リスクを抑えながらしよう!

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline