2023/05/14

ケイト様がレズビアンの女性指揮者に!映画『TAR/ター』が公開へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ケイト・ブランシェットが、天才女性指揮者を演じる映画『TAR/ター』が5月12日から劇場公開。

 

レズビアン、ゲイ人気の高いケイト様の主演作として、大きな注目を集めている。

 

 

 

天才指揮者の苦悩、そして事件

『TAR/ター』のあらすじはこちら。

 

ドイツの有名オーケストラで、女性として初めて首席指揮者に任命された主人公リディア・ター(ケイト・ブランシェット)。

 

天才的な能力と優れたプロデュース力で、現在の地位に上り詰めたが、今はマーラーの交響曲第5番の演奏と録音のプレッシャーと、新曲の創作に苦しんでいた。

 

そんな中、かつて指導した若手指揮者が自殺したとの報が入り、ある疑惑をかけられたターは次第に追い詰められていく。

 

ターは、音楽に対しては純粋で完璧主義者だが、上昇志向が強くごう慢で他人に対しては冷たい。

 

私生活では、女性パートナーをもつレズビアンで、養子を育てている。

そんな彼女があることをきっかけに、本性をあらわにし、壊れていく──。

 

 

 

モデルとされた女性指揮者から反感も

アカデミー賞作品賞を含む6部門にノミネートされ、ヴェネツィア国際映画祭では主演女優賞を受賞されるなど、高い評価を得ている本作。

 

本作はフィクションながら、世界的指揮者 マリン・オールソップをモデルにしたのでは?とされている。

 

 

マリン・オールソップ

 

オールソップはアメリカ初のメジャー・オーケストラ女性指揮者で66歳の今も現役で活躍中。

私生活ではレズビアンを公言し、女性演奏家をパートナーとして持つ。

 

そんなオールソップは、サンデー・タイムズ紙にて以下コメント。

 

「私は、女性として、指揮者として、レズビアンとして、腹を立てています」

 

「(私に類似した主人公)を加害者とした描いた作品なので、私にとっては心痛むことでした」とコメントしている。

 

映画の中で、主人公ターはその強気な性格から、周囲を追い詰めるパワハラに該当する箇所が多々登場する。

 

自身をモデルにしたとされるオールソップは、遺憾の意を表しているというわけだ。

 

 

 

 

この発言を受け、ブランシェットは、BBCラジオ4で言及。

 

「『TAR/ター』という作品はフィクションであり、権力の熟考、そして権力はジェンダーレス(性差がない)です」と発言している。

 

 

 

 

たしかに、ターはオールソップと共通点の多いキャラクターながら架空の人物であり、そこから生まれる事件も完全にフィクション。

全体としてはスリリングなサイコスリラーに仕上がっている。

 

さまざな意味で注目を集めている本作。
ぜひ気になった人は劇場でチェックしてほしい。

 

SPECIAL

こんなタイプにおすすめ!ゲイのための「PrEP」入門

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

ドラァグレース優勝者、台湾総統の前でパフォーマンスを披露!

CULTURE

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

BEAUTY

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline