2021/03/17

全国初、同性婚を認めないのは「違憲」と判断。同性婚への大きな一歩

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

現在、全国5ヶ所一斉におこなわれている「同性婚 裁判」。

 

最初の判決が下る札幌地裁に注目が集まるなか、同性婚を認めないことは憲法に反している(違憲)とする判決が下り、同性婚実現に向けた大きな一歩を踏み出した。

 

 

Photo via : マリフォー公式Twitter

 

裁判の争点は3つ。

原告の同性カップル3組は、憲法上では同性婚を否定していないと主張した。

 

まず最大の争点である憲法24条では、婚姻は「両性」の間で成立すると規定されているが、同性婚は否定していないという点。

 

そのほか、幸福追求権を定める13条、法の下の平等を定める14条にも違反するとして、国に対して訴訟を起こしていた。

 

 

判決で、札幌地方裁判所の武部裁判長は、「憲法24条の『婚姻は両性の合意のみに基づく』との規定は、『両性』など男女を想起させる文言が使われるなど異性婚について定めたものだ」として、婚姻の自由を定めた憲法24条には違反しないと判断。

 

その一方で「同性愛者と異性愛者の違いは人の意思によって選択できない性的指向の違いでしかなく、受けられる法的利益に差はないといわなければならない」

「同性愛者が婚姻によって生じる法的利益の一部すらも受けられないのは合理的な根拠を欠いた差別的な取り扱いだ」などとして、法の下の平等を定めた憲法14条に違反するという、初めての判断を示した。

 

同性婚をめぐる裁判にて、憲法違反の判断が下されたのは歴史的快挙!

 

原告団の1人の中島さんは報道陣の取材に対し、「日本にとって大きな一歩となった。夢の実現に一歩近づいた」と話している。

 

まだまだ日本での同性婚実現までの道のりは長いが、この判決はつづく全国4ヶ所の裁判にも大きな影響を及ぼすと予想。

 

同性婚裁判に関する最新情報は、原告団「マリッジ フォー オール(通称:マリフォー)」をチェックしてみて。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline