2019/03/30

ブルネイ、同性愛行為は石打ち死刑に。新法案が成立

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ブルネイにて、同性愛行為は石打ちで死刑にする新法案が4月から施行されることがわかった。

 

 

 

 

ブルネイは、マレーシアと南シナ海に囲まれた小さな国。

ブルネイはイスラム教であり、隣国のマレーシアやインドネシアよりもはるかに厳しい。

 

同国では、同性愛は長い間違法とされていたが、43日から施行される新法(シャリーア法)によると、同性愛行為と強姦を行った場合は、石打ちによる死刑となる。

 

またシャリーア法は窃盗に対しても厳しく罰せられる。初犯は右手を切断し、さらに窃盗を繰り返した場合は左足が切断されるそうだ。

シャリーア法は、 ブルネイの人口の約3分の2を占めるイスラム教徒にのみ適用される。

 

このような人権を無視した非道な法案の可決に対して「ヒューマン・ライト・ウォッチ」ら国際的人権団体らが強く非難している。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline