April 18th, 2018

ヒゲ女装のコンチータ、HIV陽性を公表。元彼の脅迫を受け

“ヒゲ女装”の愛称で知られるコンチータ・ウルストが、4月15日にHIV陽性者であることを公表した。

 

 

 

 

コンチータはオーストリア出身のドラァグクイーンで、2014年の「ユーロビジョン」で優勝し世界的に有名になった人物。

 

そんなコンチータは、インスタグラムにてHIV陽性であることを公表。

何年も前から陽性だったことを投稿し、元彼にその事実を世間に公表すると脅されていたそうだ。

 

「私は誰からも脅されたり、私の人生に影響を与える権利など誰にも与えはしない」

「他人に暴露されるよりも、自分で公表する方がいい。人々に勇気を与え、HIV感染者のスティグマ(汚名の烙印)と闘っていくため、新たな一歩を踏み出したい」とインスタでつづった。

 

なお治療は順調で、何年もの間ウイルスは検出限界未満であり、ほかの人へ感染させることはないそうだ。

いまだ続く、HIV陽性者に対するスティグマを払拭するべく立ち上がったコンチータ。

 

彼の勇気ある公表に、50,000件近くのイイネと5000件近いメッセージが寄せられている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LGBT

九州、HIV/エイズ感染者が急増中。福岡では前年比61%増

LGBT

「治療中のHIV陽性者からは感染しない」という事実を、4人に1人のゲイ

LOVE

HIV陽性者の自殺率は一般の2倍(調査結果)

ENTERTAINMENT

『ユーロビジョン 2015』コンチータの圧巻パフォーマンス!

LGBT

『ヒゲ女装』のコンチータ、オーストリアの記念金貨に