2016/04/05

クリスティアーノ・ロナウド、対戦チームのファンから「ホモ野郎」と罵声を浴びる

RONALDO

 

 

サッカー界のスター選手クリスティアーノ・ロナウド(以下:クリロナ)が、対戦チームのファンから「ホモ野郎」と罵声を浴びせられる騒動があった。

 

現地時間4月2日、レアル・マドリード対バルセロナ戦にて起こった。

同試合前に、68歳で亡くなったヨハン・クライフ氏に対する黙祷を行っていたが、その最中にバルセロナのファンが「このホモ!(faggot!)」や「オカマ野郎!(maricon!)」と大声で叫び続けた。黙祷中であった為、スタジアム中に罵声が響き渡っていたそう。

 

クリロナといえば、昨年12月にキックボクサーのバダル・ハリとゲイ関係にあるのでは?としたゴシップが飛び交っていた。

関連記事 >> クリスティアーノ・ロナウドはゲイ関係にある。TV司会者が衝撃発言

 

結局、試合ではクリロナが決勝点を決めたことでレアル・マドリードが勝利。

罵声に全く動揺せず、結果を残したクリロナは流石だ。

 

 

この一件について、スペインの人権団体「Observatory」の責任者ラミレス氏はこう語る。

 

「スペインサッカー界において、ホモフォビア(同性愛者嫌悪)が蔓延しています」「今回のファンの暴言は恥ずべきことであり、スポーツ法にて処されるべきです」

「ホモフォビアは、当事者を苦しめることだけを指していません。それに通じる言葉で当事者以外を侮辱することも含めます。ホモフォビアは根絶すべきです」と述べた。

 

罵声を浴びせたバルサファンは、判明次第、処分が下る可能性もある。

 

via : attitude

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline