2019/05/31

あなたの知らない「ル・ポールのドラァグレース」8つの真実

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

⑦ドラァグレース内のトランス問題

過去10年間、ドラァグレースは度々批難を受けてきた。

序盤のシーズンでは、トランス女性の差別用語である「She-Male シーメール(女男、ニューハーフなどの意)」をもじったコーナー「You’ve Got a She-Mail」があったが、LGBTコミュニティから「トランス差別だ!」と批難を受けて撤廃。

 

また、当初はゲイ男性しか出場資格がなく、トランス女性は出場できなかった。

 

しかし、ペパーミント、ジア・ガン、カルメン・カレラなど、同番組には多くのトランスジェンダーのクイーンが出場している(彼女たちは番組後にトランスジェンダーだとカミングアウトしている)。

 

 

カルメン・カレラ

 

ドラァグクイーンの多様性を問われたル・ポールは、出場規約を変更。

オールスター4のジア・ガンから、公式にトランス女性が出場できるようになった。

 

⑧ドラァグレースが残した数々の功績

米TV界の最高峰「エミー賞」を4度も受賞するなど、ドラァグレースが残した功績は数知れないが、一番の功績は輩出したクイーンたちが世界中で活躍している点だろう。

 

同番組では、11年間で100名以上のクイーンを輩出してきた。

 

 

 

 

ドラァグ文化に光を当て、ハリウッドのメインストリームに乗せたことで、これまでゲイクラブ以外の活動の場が少なかったドラァグクイーンたちに様々な活躍のステージを与えた。

 

例えば、ヴァイオレット・チャチキは、プラダやモスキーノなどのハイブランドのキャンペーンに起用され世界的に活躍しているし、アクエリアとミス・フェイムは、世界最大手のモデル事務所IMGと契約するなど、ファッションやビューティー業界で大活躍。

 

また、ビアンカ以外のすべての優勝クイーンは音楽アルバムをリリースしており、ビアンカとアリッサ・エドワーズはNetflixで独自の番組を持っている。

それ以外にも、多くのクイーンたちが欧米をはじめ世界中でツアーを行なっている。

 

このように、ドラァグレースがエンタメ業界に与えたインパクトは大きく、11年目を迎えてもなお勢いが衰える様子はない。

 

関連記事|どうやってメイクしてるの?人気ドラァグクイーンのメイク動画7選

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline