2019/06/10

韓国、HIV予防「PrEP」の保険適用を認める

韓国にて、HIV予防法「PrEP(プレップ)」の保険適用を認めると発表した。

 

 

 

 

韓国の厚生省は6月7日より、PrEPの保険適用を認めると発表。

今回、HIVリスクの高い人々に向けた施策であり、保険適用される条件はHIV陽性のパートナーを持つHIV陰性のゲイ男性。

 

ソウル医療センターのチェ・ジェピル教授は、「PrEPが普及するにつれて、先進国でHIV感染は減少しています。しかし韓国では感染者は増えています。我々がすべきことは、検査によるHIV早期発見と早期治療、それに加えた追加の対策が必要だと考えます」とのべている。

 

チェ氏は、今回の厚生省の決定を高く評価している一方で、保険対象がHIV陽性を持つパートナーに限定されていることから、「他にリスクの高いゲイ男性やトランスジェンダーへ適用しないのは不公平」と指摘している。

 

アジアでも拡大するPrEP

PrEPは、アメリカの疾患予防センターやWHOなど、国際的な機関も推奨しているHIV予防法。予防効果は90〜99%と非常に高い。

 

HIV予防に画期的だが、ネックなのは薬が高額なこと。

PrEPで使われる薬「ツルバダ」は日本で正規購入すると月11万円を超えてしまう。

 

ツルバダを認めている国は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランスなど。

アジアでPrEPを認めている国は、台湾、タイ、韓国、シンガポール、マレーシア、ベトナム。残念ながら日本は認可されていない。

 

また、PrEPを認めていても保険適用している国は少ないことから、条件付きではあるものの、今回の韓国の例は先進的といえる。

 

関連記事|ゲイ&バイの3人に1人がPrEPを使っている(米調査)

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline