2019/03/23

ゲイ&バイの3人に1人がPrEPを使っている(米調査)

3月18日に発表された米疾患対策センター(CDC)の報告書によると、アメリカでHIV予防薬のPrEP(プレップ)を使っているゲイ・バイ男性は35%と、約3人に1人が使用していることが分かった。

 

 

 

 

PrEPは、毎日服用することでHIVを事前に防ぐ予防薬。

その予防効果は、毎日服用で約99%、行為の前後に飲むオンデマンドPrEPで86%の予防効果があるとされている。詳しくは以下の記事にて。

 

関連記事 >> HIV予防法「PrEP(プレップ)」とは?日本一分かりやすく解説

 

同調査はアメリカの20の都市、8000件のインタビューを調べたもの。

2014年の調査開始以来、PrEPの使用率はなんと500%もアップしていたそうだ。

 

全体の35%がPrEPを使用しているにも関わらず、CDCはまだまだ使用率が低いと話す。

特に、有色人種(黒人、アジア人、ラテン系)のゲイ・バイ男性間では使用率がやや低い傾向にあるそうだ。

 

 

 

 

欧州のゲイアプリ「Romeo」の調査では、PrEP使用率は全体で16%だったが、アメリカでは35%と、ゲイたちの間でPrEPが浸透していることがわかる。そして今後も使用率は増加する一方だろう。

 

アメリカやオーストラリア、カナダ等では認可されているPrEPだが、日本では認可されていない。

しかし、認可されていないからといって、使用が禁止されているわけではない。

 

海外からジェネリック品を個人輸入して服用することは、自己責任でOKなのだ。

 

ちなみに、英ロンドンのPrEPオンラインサイト「PrEP Online」では、日本語対応で、日本への発送可能だ。

現在日本でほとんど認知のないPrEPだが、おそらくこれから数年で使用率は増えていくだろう。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気YouTuberのケミオ(kemio)、ゲイをカミングアウト

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LOVE

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

ENTERTAINMENT

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline