2019/03/23

ゲイ&バイの3人に1人がPrEPを使っている(米調査)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

3月18日に発表された米疾患対策センター(CDC)の報告書によると、アメリカでHIV予防薬のPrEP(プレップ)を使っているゲイ・バイ男性は35%と、約3人に1人が使用していることが分かった。

 

 

 

 

PrEPは、毎日服用することでHIVを事前に防ぐ予防薬。

その予防効果は、毎日服用で約99%、行為の前後に飲むオンデマンドPrEPで86%の予防効果があるとされている。詳しくは以下の記事にて。

 

関連記事 >> HIV予防法「PrEP(プレップ)」とは?日本一分かりやすく解説

 

同調査はアメリカの20の都市、8000件のインタビューを調べたもの。

2014年の調査開始以来、PrEPの使用率はなんと500%もアップしていたそうだ。

 

全体の35%がPrEPを使用しているにも関わらず、CDCはまだまだ使用率が低いと話す。

特に、有色人種(黒人、アジア人、ラテン系)のゲイ・バイ男性間では使用率がやや低い傾向にあるそうだ。

 

 

 

 

欧州のゲイアプリ「Romeo」の調査では、PrEP使用率は全体で16%だったが、アメリカでは35%と、ゲイたちの間でPrEPが浸透していることがわかる。そして今後も使用率は増加する一方だろう。

 

アメリカやオーストラリア、カナダ等では認可されているPrEPだが、日本では認可されていない。

しかし、認可されていないからといって、使用が禁止されているわけではない。

 

海外からジェネリック品を個人輸入して服用することは、自己責任でOKなのだ。

 

ちなみに、英ロンドンのPrEPオンラインサイト「PrEP Online」では、日本語対応で、日本への発送可能だ。

現在日本でほとんど認知のないPrEPだが、おそらくこれから数年で使用率は増えていくだろう。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ゲイたちにおすすめ「2022年のベストバイ」編集部が厳選!

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

心がザワついた時に…「マインドフルネス」を実践しよう!

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

アナルが開く?持続力が増す?セックスに「CBD」がオススメな理由

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

男だけの話題ゲーム『クレイヴ・サーガ』。開発者に想いを聞いた

LIFESTYLE

ゲイたちにおすすめ「2022年のベストバイ」編集部が厳選!

CULTURE

鈴木亮平がゲイ役を演じる『エゴイスト』、セクシーな本ビジュアル+予告が公開

LOVE

【特集】PrEP 情報まとめ

LOVE

あなたを「犬」にたとえると?性格でわかる【犬診断】

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline