2019/07/24

将来の肌のために…今年は焼かない!メンズ向け日焼け止めガイド

夏になると「日焼け」をする人も多いはず。

 

褐色の肌はいつも以上に魅力的に見えるけど、その美しさは今だけかも…。

日焼けが肌に及ぼすダメージは、みんなが思っている想像をはるかに超えているのだ。

 

将来も美しい肌をキープするための「メンズ向け日焼け止めガイド」と題して、日焼けにまつわるアレコレを紹介していくよ。

 

 

Photo : Unsplash

 

なぜ日焼けはよくないの?

そもそも、なんで日焼けはダメなんだろう?

それには、紫外線が及ぼす効果について説明したい。

 

紫外線には、UVAUVBUVC3つ種類がある。UVCはオゾン層に吸収されるため、人間がダメージを受けるのはUVAUVB2種類。

 

UVA:エネルギーは弱めだけど肌の奥(真皮層)にまで届き、DNAをじわじわ破壊する。シワやたるみを引き起こす。

 

UVB:エネルギーが強く、肌の表面を火傷させる。肌で多くメラニンが作られることでシミの原因になる。

 

つまり、UVAはシワやたるみUVBはシミの原因になる。

 

男子はメイクをする習慣がないため、常にすっぴん状態で強力な紫外線を浴び続けていると、数年後または十年後には肌表面にシミができ、年齢以上のシワやたるみに悩まされる危険も…。

 

ちなみに紫外線は一年中出ているけど、最も強いのが78月の夏の時期。せめて夏だけでも紫外線を防ぐことがものすご~~~~く大事!

 

オススメ日焼け止め3選

紫外線対策の大事がわかったところで、メンズにオススメの日焼け止めを紹介。

 

日焼け止めには「SPF」と「PA」という数値が記載されており、数値が高くなればなるほど防御力が高くなる。

 

SPFUVBを防ぐ数値。数値は1~最大50+まである。アウトドアなど日差しが強い場合は最大のSPF50+を選び、日常使いであればSPF3540などが良し。

 

PAUVAを防ぐ数値。+マークで表示され最大は4つ。

 

SPFとPAを踏まえて、編集部がチョイスした最強日焼け止め3つを紹介していこう。

 

 

 

ビーチ使用なら間違いなく「アネッサ」

資生堂が誇るロングセラーのUV商品「アネッサ」。

水に強いウォータープルーフ処方と、汗や水にぬれると紫外線をブロックする膜「アクアブースター技術」で落ちにくいのが特徴。

さらに、肌に砂がつきにくい「サンドプルーフ」だから、ビーチやリゾート向き。

 

スペックはすべて最大の「SPF50+・PA++++」なので文句なし!

 

〈アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク〉
SPF50+・PA++++
60ml20ml|オープン価格
資生堂|公式サイト

 

 

 

激しく動くアクティブシーンに

スポーツやアウトドアなど外で激しく動く人にとって、日焼け止めはこすれて落ちやすい。そんなアクティブなシーンには、「ビオレUV アスリズム」がオススメ。

 

アスリート向けを打ち出しており、なんと気温40℃、湿度75%の過酷な環境でも落ちにくいとか。すごくない!?

 

付けてのばすと肌なじみが良く、ベタ付きにくい点も◎

 

〈ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス〉
SPF50+・PA++++
70g|オープン価格
花王|公式サイト

 

 

 

普段使いにはこれ。肌にやさしいオーガニックの日焼け止め

日焼け止めは強力な紫外線から肌を守るため、多少なりとも肌へ負担がかかる。

「焼きたくない!でも肌へのダメージは最小限におさえたい」という人には、ニールズヤード レメディーズの「ナチュラル UV プロテクション ミルク」が最適。

 

オーガニック成分でできた日焼け止めで、肌の負担をおさえながら紫外線を強力ガードしてくれる。オーガニックながらSPF40としっかりあるので、普段使い~軽いレジャーなど使うシーンも幅広い。

 

また、爽やかなオレンジ、レモングラス、ラベンダーの香りも良く、白浮きしない点もメンズライクで良い。

 

〈ナチュラル UV プロテクション ミルク〉
SPF40・PA++++
40mL  3,500円 + 税
ニールズヤード レメディーズ|公式サイト

 

 

 

「老化の原因」の8割は紫外線から

日々「老けないように!」と、スキンケアを頑張る男子たちは多いはず。

しかし、残念なことに肌の老化の8割は紫外線によるダメージが原因だって知ってた??

 

紫外線による老化のことを「光老化(ひかりろうか)」といい、肌の老化の原因は、2割が年を取ることで起こる「加齢」と、8割は「光老化」によるものだそうだ。

 

考えてみると、ふだんから紫外線があたる顔や手足に比べて、服で隠れているお尻や内ももなどはほとんどシミやシワができないしツルツルスベスベだよね?(これはお年寄りでも一緒)

 

つまり、紫外線を浴びることで、顔にポツっとできるシミ、老け込んで見られるシワやたるみの原因になるのだ。

 

今よりも将来のために、アンチエイジングには日焼け止めを

30代を超えると急激に肌が老化へと進む。

 

スキンケアに精を出す30・40代は多いが、そんな人たちでも紫外線対策をしている人は意外と少ない。

 

普段から日焼け止めを使う人は、女性24%、男性はわずか3% (*1) しかいないそうだ。

*1 光老化啓発プロジェクト委員会調べ

 

ということは、あなたが毎日日焼け止めを塗るだけで上位3%に入り、いつまでも健康的で若々しい肌を保つことができる。

 

日焼けした肌はセクシーだし男前度UPするけど、褐色の肌以外にも魅力的になれることはたくさんある。

十年後の美しい肌のために、この夏は”焼かない”選択をしてみるのも良いのかもしれない。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

絶品でフォトジェニックな”上陸系”グルメバーガー

頭皮をデトックス!メンズにおすすめの「頭皮ケア」アイテム

ルッキングを超えるゲイドラマ?──『メリー・アン シングルトンの物語』

今週末はゲイ映画を観よう!ホットな映画をピックアップ

編集部セレクト「真夏のハッテンポーチ」

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

日本でも増えるPrEPのための「見守りクリニック」とは?

LGBT

日本初!LGBTQサポートを掲げた大型音楽イベント。ユーミン、MISIAらが出演へ

BEAUTY

「モテる清潔感」を身につけよう。デート前のチェックポイント

LGBT

「日本で同性婚は実現できるの…!?」松中権さんに聞いてみた

LIFESTYLE

食欲の秋にはスイーツが欠かせない…!「栗」を使った絶品スイーツまとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline