2022/07/29

老いてもなおゴージャスに生きる!映画「スワンソング」が8月公開

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

引退したヘアメイクドレッサーが亡き親友の最後のメイクを施す旅を描いた映画『スワンソング』。

 

826日より、東京・シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開される。

 

 

 

 

映画のタイトルになっている「スワンソング」は、白鳥がこの世を去る際 、最も美しい声で歌うとされる伝説から生まれた言葉。

 

ストーリーは、現役生活を遠の昔に退き、老人ホームでひっそりと暮らすパットは思わぬ依頼を受ける。かつての顧客で、街で一番の金持ちであるリタが、遺言で「パットに死化粧を」とお願いしていたのだ。

 

ゲイとして生き、最愛のパートナーであるデビッドを早くにエイズで失っていたパットは、リタの遺言によってさまざまな思い出が去来する。

すっかり忘れていた生涯の仕事への情熱や、友人でもあるリタへの複雑な思い、そして自身の過去と現在…。

 

 

 

 

 

ヘアメイクドレッサーとして活躍してきたパトリック・ピッツェンバーガー、通称“ミスター・パット”にとっての「スワンソング」は、わだかまりを残したまま亡くなってしまった親友であり、顧客のリタを、天国へと送り届ける仕事になるのか…。

 

監督のトッド・スティーブンスは、17歳の時にオハイオ州のゲイクラブで“ミスター・パット”ことパトリック・ピッツェンバーガーが踊っているのを見て衝撃を受け、映画の道へ進んでからも、いつか同郷のこの人気ヘアメイクドレッサーを題材にした作品を撮りたいと思い続け、その念願を叶えた。

 

 

 

 

 

 

自身もゲイであるスティーブンス監督による本作は、実在の人物をモデルに、エイズが蔓延した90年代から現在に至るゲイカルチャーを真摯(しんし)に見つめ、社会的な立ち位置や相続問題などのリアルなトピックも物語に取り込みながら誠実に描いた作品となっている。

 

 

 

 

 

『スワンソング』が826日より、東京・シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開される。

 

SPECIAL

筋トレいらずで“マッチョ”になれる??話題の美容医療『マッスル脂肪吸引』を調べてみた

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

日本初!ゲイたちの恋リア番組、Netflixで配信スタート

BEAUTY

筋トレいらずで“マッチョ”になれる??話題の美容医療『マッスル脂肪吸引』を調べてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LGBT

同性パートナーの「名字の変更」を認める。名古屋にて

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline